デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
枢軸国の金準備はどうなっているのか

「EU解体へ向けて猛ダッシュを始めたドイツ」でも書いたが、一国の金準備がなぜ、他国に預けられているかについて、ドイツは二次大戦の敗戦国であり、そのせいではないかと推測しているが、そうならイタリア(当然、日本も)もそうではないかと思って、調べてみた。

(各国の金保有量〔トン〕2012年、%は外貨準備における割合)

photo


イタリアの金準備は、世界でも現実的にはトップ・レベルの保有量を誇る。

2012年のデータでは、世界4位(コソドロIMFを除けば3位)の2451トンだ。

米国の8000トンもほとんど数字だけで、実質は400トン程度がNYにあるだけ、とも言われている。

だから、逆に中国は数字は1000トンだが、本当は少なく見積もっても、この3倍くらいだろう。


とすると、超現実的な順位としては、


1位 中国 約3000トン(以上)
2位 フランス 2435トン(戦勝国側)
3位 ドイツ 3395トン(実質は半分)
4位 イタリア 2451トン(実質は半分)
        :
最下位 日本 0トン


というあたりになると思う。


GoldCore Reports Half of Italy’s Gold is Held in New York Fed Vault


2014年の記事だけど、これによれば、イタリアが国内で保管しているのは、2451トンのうち半分の約1200トンで、ローマに保管されている(らしい)。

残りの約半分(1200トン)のうち、多く(600~700トン)は、とくにNYにあるという。

あとは、ロンドンとスイスに分散されている、と。



やはり、枢軸国側の金準備は、戦勝国側に盗まれていた、という事だろう。

しかし、それでも半分は、自国で保持する事ができている。これだけは譲れないと、当時の政治家らが抵抗した結果だと思う。



ドイツが自国で保管する金塊の割合引き上げに動いたのも、このイタリアの自国で管理しているのが金準備の半分だという事に、金融混乱のさなか、気づいたからではないかと思う。

ドイツが目指しているのは、海外に盗まれた全量を取り返す、ではない。あくまで自国保管分を、50%に引き上げる、という事だ。

おそらく、イタリアも、ドイツも、残りの半分については最初から諦めている。お前らの勝ち分だ、50%は土産がわりにくれてやらー、といったところだろう。

しかし、残りの半分はどうしても死守する必要がある、と。



だから、日本も765トンのうち半分の370トンくらいは、何がなんでも、是が非で取り戻す努力をすべきだと思う。

毎年買い続けている米国債、溜まりに溜まって1000兆円といわれる、日本の外貨準備の本体だが、これはやっぱりトランプは反故(デフォルト)してくるだろう。だから、それはもうしょうがないけど、半分の360トンの金塊だけは、なんとしてでも返してもらうべきだ。


航空機に席を予約しても、リコンファームしないと乗れない事がある。

借金と借用証にも同じ事がいえる。

せめて、監査請求して、日本の金塊がきちんとありますという証明だけでも受けていればまだ見どころがあるが、それさえしていないだろう。とすれば、帳簿上のデジタルデータでしかない、米国債目録についても同様で、リコンファーム(監査要求)さえしておらず、利払いについてもまったくない状態だと思う。


安倍クソには、そう動くだけの度胸も、考える脳みそもなく、ひたすら自分の財布を膨らませる事だけに熱心なので、前途は途方もなく暗い。



関連記事
[2017/03/20 12:37] | gold | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<陰謀論家に多い安倍晋三首相讃美の不可解 | ホーム | 米国負債上限のゆくえ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/882-ca5b490a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD