デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
劇的にではなく語られないまま進行するも無視され続けている悪性インフレ

今日午前、スーパーに行ったら、やや大きめの生のスルメイカ(日本海側産)に一杯458円の値段がついていて、叫び出しそうになった。

このイカの高値の理由は一般的には、イカの不漁だと説明されているようだが、それは嘘だ。

311の前でも、リーマンショックの前でさえ、イカ一匹にこの値札を見た事はなかった。俺の常識(311前のだが)では、イカ一っぱいは100円か、高くても200円くらいだった。来年再来年になれば、もはやいっぱい500円のイカが、100円に下がる可能性は、99%ない。

マグロの山かけで夜、晩酌しようと物色したが、同じマグロの赤身のほぼ同量で、太平洋産500円、地中海産900円であり、何この落差は? と思わずあれま! と声を上げた。少なくとも311前は同等か、日本近海産のほうが高かったからである。それがいつの間にか逆転してしまっている。

結局、消費側が放射能汚染を恐れて太平洋産は買わず、日本から遠い地中海産を選ぶようになったからと思われるのだが(それは正しい判断)、魚以外の品揃えの野菜(関東、東北産ばっかし)などを見ると、店側がその事を殊更意識しているとは到底思えず、魚市場でそうなっている事をまんま店頭の値段に反映してるのだなと思わざるをえなかった。

結局、インド洋産のやや安めのマグロ赤身を買ったが、どこまでそのラベルが本当かは、もはやこの段階ではわからない。

外出から帰ってきて13時すぎ、朝炊いた飯の残りで昼飯食おうと思ったが、買ってきたのは酒のつまみばかりであり、適当なおかずがなんもなくしょうがないので、有明産ノリを焼いて、昨夜の残りの鮭の焼いたのと、インスタント味噌汁と、醤油で煮たカツオ缶詰を開けたのだった。

缶詰は1年位まえに買ったやつ(と思われるが買った記憶がない)で、あるのも忘れていたやつだったのだが、あけてびっくり玉手箱、なんと、中身が缶の半分くらいしか入っていない!

何かの間違いか、不良品か何かと思ってラベルを見たら、「三陸ほてい」と書かれており、あららら、いつの間にこんなのが紛れ込んだのかいなと、量半分だった事は忘れて、味見もしないでそのまま捨ててしまった。


放射能汚染もさることながら、その汚染が疑われる缶詰の中身の魚の煮付けでさえ、正味が缶の半分くらいしか入っていない、この状況に、とにかく驚いた。唖然とした。



思い起こせば、2011年の正月、マスゴミでも話題になったが、1万円だか2万円だかの、正月用のおせちセットの、売らんがための写真見本とは似ても似つかないそのお粗末さ、惨めさとのギャップに日本中が驚き、そして怒ったわけだが、それは単にごく一部の商品としての一時的なエラーなどではなく、「インフレなんだからしょうがねーだろ、ましなの欲しかったらもっと金積めよ」という傾向がそのときすでに始まっていたのであり、半分だけ魚の煮付けが詰まった缶詰が、殊更おかしかったのではなかったわけである。


ついでにいえば、イカ漁というのは、とにかく油を消費する、無駄の多い、あまり儲けのない商売らしい。夜中に船を沖合に出し、イカをおびき寄せるための火を煌々とえんえんと焚き続ける必要がある。

そのイカ釣り船の火の強さは尋常ではなく、漁師らはその光(紫外線、X線含む)で真夜中の漁ながら相当な日焼けが避けられず、治療が必要なほどだという。その火は、衛星からもくっきりあざやかトリニトロンなみに見えるという。

つまり、焚き火でなく、高出力の発発で炊いた電力で得られる輝きだ。数千W級の電力を消費してるだろう。とにかく、やたらとガソリンを食う。

だからイカが高いのは、油が高いせいだといえる。(油は食うが、その経費はゴールドに全部載せ替えられるシルバーとはえらい違いww)


2%のインフレが達成されるまで金融緩和する、紙幣を刷りまくりますと、さも、いまだ2%が達成されてないかのように、黒田&安倍のキチガイ・コンビが嘘っぱちの金融政策を続けているが、すでに現実のインフレ率は2%などというレベルではなく、食品や油などの生活必需品などに限っていえば、リテール価格では311前の2倍3倍は当たり前状態になっていると言えるだろう。(とはいえ、日本の金融緩和の本質は米ドル・アシストと石油、貴金属高騰の抑制のためにある)

価格を簡単に上げれない場合は、缶詰の例のように、内容量を減らすのは、常套手段だ。

あまり売れない高額商品(クルマや家)の分を入れ込めば、2%行ってないとしても不思議はない。しかし、価格を簡単には上げられない食料品などであってさえ、現実にはほぼ2倍3倍が当たり前になっている。


スーパーで、マグロの次にたらこを物色していた俺の横で、だんな連れのおばさんが「このイカの塩辛、こないだまで100円だったのにね」と言って、198円の塩辛をかごに入れていた。八戸産であった。内容量、たかだか50グラムだか80グラムである。

イカだけが特殊なのではない。ちょっと目立つだけ(ガソリン、灯油価格が直接効くので)。

いずれ、2倍3倍が5倍、10倍、100倍になるだろう。

そのとき、なんでこんな事になったのかと言っても、そのとき既になすすべはない。



関連記事
[2017/02/26 22:02] | Inflation | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<トランプ大統領と米国債務上限問題 | ホーム | 鉱山会社は潰すべし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/856-c7002266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。