デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
ウクライナの歌姫が歌う「いつも何度でも」





2010年に収録されたという。311の前である。

このビデオを見聞きした感想に、「涙が流れた」が多い。この曲は、311鎮魂歌なのだから当然だろう。

涙流した本人に、その事に気づいている人が、果たして何人いるのだろうか?

「悲しみは数え切れないけれど」「繰り返す過ちのそのたび人はただ青い空の青さを知る」ーー。

311から1ヶ月ほどたったあと、福島では果てない臨界が続いていながら、しかし、春満開の空は青くすみわたり、どこまでも空は高く、太陽はさんさんと輝き、本当であれば自然の恵みに感謝し、日本に生まれてよかったな~と適当な事をつぶやきながら、いねむりをこくところだったが、現実は放射能汚染されしつくされた日本を認識せざるをえず、逆に涙がボロボロと流れ出したあの日を思い出す。

「こなごなに砕かれた鏡の上にも新しい景色が映される」ーー。

それでも、なんでもかんでも、人は生きている限り生きてゆかなければならず、放射能汚染されしつくした環境の中であっても、新しい生活を始めざるをえなかった。

チェルノブイリから3.5kmの場所にいて、6歳のときにチェルノブイリ原発事故に遭い被曝したナターシャ・グジーが歌うからこそ、そしてそれが311の1年も前だからこそ、このビデオの価値は高い。




↑ Above is also the requiem for 311 Japan.


関連記事
[2016/10/25 22:07] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ジカウイルスに感染した男性の生殖能力は消失する | ホーム | 鳥取西部で強震! 震度6?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/769-f13206f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD