デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
10月の危機はあるのか




NY・NJ偽旗、シャーロット黒人殺人警官問題、米韓の北核施設攻撃シミュレーション、ロシアのシリア問題=対米最後通牒


俺も何度か書いたが、「リーマン・ショックを上回る」という言い方は、実は正しくない。リーマン・ショックでは西側全部が結託し、嘘をつきまくり問題を先送りしたので、表面上の被害は、あれでも薄まったのだといえる。

嘘と脅しと誤魔化しによる先送りを続けたせいで、そのつけが何百倍、何千倍になって返ってくるだけのことだ(日本の、その先送りへの貢献度はかなり高い)。だから、それをちゃらにするために、エスタブリシュメント=金融エリートらは、戦争で誤魔化そうとしている。

直感として、リーマンショックと同様の事あるいは311と同様の事という手法ではないだろう。彼らにも脳みそはある。やはりここはいま、破滅的核戦争でちゃらにする手しか残されていないのでは?

ありもしないイスラム系テロ集団をでっちあげ(実は自分たちが仕立てあげた連中)、欧州内、米国内で先走りさせて恐怖の記憶を植え付けておき、本番を起こす。これはありえそうだ。

ドル死守決死隊の本命、巣窟であるIMFだが、そのIMFが定めるSDR(特別引き出し権=ドルが紙くずなのでドル単独では準備通貨には不適格なため4通貨重み平均を取って各国の不安を減らす言い訳のための「準備通貨」)に、中国の元が採用されるのが、10月1日。


「元」は、便所紙ドルや西側通貨と違って、ゴールドやシルバーに裏付けられている。本当は、IMFは「元」を拒否したいだろうが、USドルがいま本当の紙くずだから、受け容れざるをえない。そうでないと誰も納得しない。

じゃあ、いっちょう戦争でうやむやにするか、リセットするかという戦略、選択肢しか、うんこ野郎どもには残されていないだろう。

ちなみに、最後の希望、トランプ氏は、危機は2017年1月だと言っている。

-----------------------------------------------------

考えてみれば、西側通貨でゴールド、シルバーの裏付けがあるのは、一つとしてない。米国の金8000トンも嘘だし、日本の(屁みたいな)765トンも、全部嘘っぱちであり、WGCが言ってるからと言って鵜呑みにするのは、世界でも日本人くらいなものだろう。

当然だが、当該国は、この準備通貨の一部としての(本当は、唯一のリアル準備通貨である)金保有量を公式には公表していない(というか、公表できない)。 もしかすれば英国は多いかもしないが、所有元は、公的機関ではなく「個人」の持ち分だろう。

SDR構成通貨としてそこに「ほぼ金兌換の元」が入る意味は、われわれが考えるより、もしかしたらでかいとか?


関連記事
[2016/09/22 21:30] | 戦争 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<米国を脅すとどうなるかの一例 | ホーム | 米国でガソリンが足りない!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/742-6ad2286e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。