デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
米国でガソリンが足りない!?
photo

ガソリン不足続く



米国のガソリンは、税金が安いこともあって日本の1/4~半額くらいだ。

それだけでも羨ましい限りだが、米国ではリーマンショック前にガソリン価格が急上昇し、大問題になった。1ガロン(約3.8リッター)が4ドルを超えると、米国では暴動が起こると言われている。(ここがポイントw)

ガソリン小売価格も地域差が激しい。米東部は安く、米西部は高い傾向がある。大西洋岸、アラスカ、ハワイなどがもっとも高い地域だ。ただ、今見てみると、東部も値上がり傾向にあるようだ。メキシコ湾に面した本場、中西部が安い。

以前は東部全体が安かった記憶がある。

その安いはずのノースカロライナ州で、「ガソリン不足が続く、購入できるのは総額US$10相当(約20リッター)までの制限、警察ではガソリンが配給制」といったニュースが流れた。

「油が安い」、「だぶついている」、「油は先行き安値が予測される」といったニュースをかっとばし続けているマスゴミ(日米とも)だが、これはいったいどういうこっちゃ?

と、よく記事を見てみると、テキサスからNY近くまでつながっているパイプラインのうち、アラバマ州で1週間ほどまえに油のリークがあって、25万ガロンのガソリンが流れたらしく、その影響が続いているらしい。一部の人達は、ガソリンの備蓄をしている、と。

これは311でも見られた光景だが、いったん事が起こると、現物は消滅する。値段の高い安いは関係ない。

安い原油PR用の米国シェールオイル生産にもかげりが見え始めた。代表的なシェールオイル油田、ノースダコタ州のバッケン油田では2014年暮れに生産量のピークを打ち、今年はそこから20~30%も下回っている。

いつまでごまかしが続くのかなw


関連記事
[2016/09/22 19:20] | 石油 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<10月の危機はあるのか | ホーム | 「4160」の夢>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/741-69a54218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD