デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
日航123便墜落の20分後には、墜落現場は特定されていた
前日の8月11日から12日未明にかけて、帰省のためVT250を運転して国道17号を北上していた。翌日、実家で長い昼寝のあとの夜、123便墜落を知ったのだが、どうにもやるせない気がしたのが、いまでも忘れられない。

そのひと月半後、ドルの切り下げに関するG5合意、いわゆるプラザ合意となる。それまでの1ドル235円が、一夜にして215円前後にまで下落する。いまでもこそ、数日で数円動くことが珍しくなくなったが、当時、固定相場に毛が生えたような為替相場が、一気に20円も動くというありえないことが起きた。

wikiによれば、その1年後には1ドル150円まで急落している。ある意味、このときを境にして、旧来の平和日本は終わったのだと思っている。

航空機単独では当時(今でも)、史上最大の死者、524人がなくなった。単なる事故ではない。墜落場所の特定に関する情報が錯綜し、公式発表では翌朝までまたなければならなかった。が、事故20分後にはすでに墜落箇所が特定されていたのは、間違いない。


座間所属の米軍ヘリが沖縄からの帰還途中に、日航123便と東京管制(所沢)の交信を聞き、座間には降りずに長野・群馬県境に急行し、墜落場所まで特定していながら、なぜか米軍ヘッドクウォーターからの指令で座間にとんぼ返りしている。

123便の闇にはさまざまな仮説が建てられており、いったいどれが真実なのかわからなくなっている。中には情報撹乱のため、わざわざフェイク情報を流す筋もあったと思う。

俺の直感では、やはり石油=ドル覇権体制維持のための謀略の線がもっとも可能性が高いと思う。


関連記事
[2016/08/12 20:33] | in_Mad | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<BISと中国間では金現物1オンスUS$5000でナシがついている模様 | ホーム | 震源が格子状に並ぶカリフォルニアの群発地震>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/679-4d170440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD