デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
ええ加減にせえよ、Nevadaブログさんw
むかしから、Nevadaブログは、ゴールドに対しては超弱気な文章しか書いてこなかった。というよりも、むしろゴールドを憎んでいるかのような感じである。商品相場は終わったとか、ゴールドは$800/ozになるだとか、$1000/oz以下になるだとか、この点は一貫していた。それは一つの見識ではある。

そういう風に、Nevadaブログが、ゴールド弱気記事を書くたびに、金価格が上がっていったのが、過去数年間の、笑える思い出ではあるw Nevadaの言うとおり売買していたら、早晩、破産していた被害者も相当出ているであろう。そもそもNevadaブログは、米国の、FRBの破天荒な金融政策に対して、一度も批判というか、疑問めいた文章を書いた事がないんじゃないかな~。

そして、昨日、ゴールドマンサックスの、ゴールド見通しを引用して、以下のような記事をアップしている。

ゴールドマンサックス(金の予想価格を$1,390に修正)

ゴールドマンサックスは、金の先行き予想価格を大幅に下方修正しており、12ヶ月先は一オンス$1,390としています。
現在は一オンス1580ドルとなっており、一オンスあたり約200ドル値下がりするとしています。既に上級顧客にはこの水準を連絡しているはずであり、今後この1390ドルを目指して下落するはずですが、一旦現在の一オンス1550ドルという抵抗線を大きく下回った場合、1400ドル割れを目指して一気に急落するかも知れません。そしてその後には一オンス1,000ドル割れまで下落していくはずです。商品バブルは徐々にはじけて行っています。



自分の商売では、希少金貨、珍品金貨を将来の値上がりが期待できるとして客に売ってるわけであるが、金貨の見通しが常にネガティブなのは、どういうわけなんだろう。理解に苦しむブログである。それ以外の金融・経済に関する記事については、なかなか鋭い視点が目立つだけに、一層違和感が募るんであるが。

一方、アメリカの東スポこと、ゼロヘッジ氏は、以下のような記事を紹介している。

実際には金を買い、米国債を売っているのに、「マペット」に対しては、それと反対の助言をしているゴールドマンサックス


「マペット」とは、ゴールドマンの顧客やこれまで情報を流してきた相手先、マスゴミなどの事であろう。Nevadaブログもそのマペットの一つであるのは論を待たない。罪作りだよ。

なお、ゼロヘッジ氏は、記事の最後を、「Thank you Goldman - we can always rely on you.」「ありがとう、ゴールドマン-我々は、常にあなたを信頼することができます」と嫌味で締めくくっている。
関連記事

テーマ:マーケット不正操作 | ジャンル:政治・経済

[2013/04/11 09:33] | gold | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<日本国債崩壊までは、長くて2年を見てくれってさ | ホーム | THE ROAD TO NWO WITH BITCOIN>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/521-87239b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD