デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鉱山株のゆくえ
ゴールド/シルバーバグの気になる話題の一つは、鉱山株である。しかし、まったくだめである。

ゴールドが$1800なのに、鉱山株はまったく振るわないというこの構造は何か? 一つの説明として、鉱山会社は1980年以降、どんどん貴金属の価格が下がるので、あるときからヘッジ売りで利益を出す構造に、身を投げ出してしまったという事がある。しかし、中銀やIMFの公的金売却が少なくなり始めた2002年以降も、引き続きヘッジ売りしていた鉱山会社もあるだろう。

予測に過ぎないが、そのヘッジ売り連鎖構造から抜け出せなくて、会社経営などをめぐって、うまく取り込まれてしまった鉱山会社が多いのではないのだろうか? そうとでも考えないと、赤字覚悟で山を掘って売るとは思えないからである。

ところで、日本で言えばめぼしいところといえば、別子くらいである。2003年、あるおっさんが、さかんに住友山と連呼していたことが思い出されるが、おっさんは、何もわかっていなかったという事がこのチャートからわかる。



つまり、鉱山株を買うのではなくて、2003年に黙ってゴールドなりシルバーを現物で買っておけば、まったく違う様相が見えていたと思う。

しかし、アベノミクスが現実化しつつある中、もし株式を日本で買うなら別子くらいかなとも思うわけであるが、明日は5713の権利落ち日らしい。
(追記)
そういえば昨年、菱刈に別な鉱脈が見つかったという報道もあった。見積もり30トンと少ないが、海底を掘るレベルの費用じゃないのでね。
関連記事

テーマ:マーケット不正操作 | ジャンル:政治・経済

[2013/03/25 21:49] | gold | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<USミントのシルバーイーグル、3月の販売記録更新寸前 | ホーム | オランダのABN AMRO銀行が、顧客の貴金属地金を返却しないと通告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/464-031c10cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。