デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
消えた100ドル札と額面1兆ドル・プラチナコイン
達人さん掲示板より一部引用)

米国40州以上からUSA脱退の申請書がオバマ政権へ提出された!
NY州、CA州、FL州など37州では紙切れ化す米ドルに代る物々交換用地域通貨と扱い銀行が普及している。
米の国家債務は法定上限を2012.12.31に超えた。
私企業のFRBがドル通貨を印刷・発行できる100年間の権利が2012.12.22に期限切れした。
2013.1の発行目当てに印刷した巨額の新100ドル紙幣が輸送中に大部分盗まれて消えた。犯人はDHS国土安全保障省のスペシャル・チームだった。
窮余の策で、議会の承認なしで、政府が1兆ドル銀貨を1枚鋳造・発行してFRBに預けて支払に宛てる議会制度崩壊・通貨制度空転・経済虚構化の非常対策が提起されている。その場合はドルの信用失墜で通貨制度と経済が破綻する。オバマ政権は、流石に乗り気になれないでいる。共和党は3か月だけ国家債務上限UP案を出すつもりだ。
CIA特別作戦局長元代理W.Boikinは最近、米経済崩壊・食料危機・全米動乱・政府の国内戦争状態宣言発令を予言した。
デフォルトが切迫している。デフォルトでドルと金融制度の崩壊・米経済崩壊、連動で世界金融恐慌勃発だ。こうしてUSAは解体・消滅に向かっている。

―――――――――――――――――――――――――――

バカオバマの1兆ドルプラチナコインの話は、ここで前文らしき部分のみ書いた(コピペだが)。これについては、フェイクというか、陽動作戦だと思っている。もし本当にやったら、プラチナはもちろん、ゴールド・シルバーは翌日値が付かないほど暴騰し、ドルの死が早まってしまうだけからだ。当方と同様の意見を言ってる人を見つけた。この方も数少ない、信用できる経済アナリストである。

ところで、2009年、米国から沖縄の普天間問題解決を迫られた当時の首相、鳩山由紀夫氏が年明けから態度を鮮明にせず、素人からみても、何か時間稼ぎをしてる風であった。実は、その直感は正しく、2008年リーマンショックで、米国は窮地にたっており、黙ってみていれば米国は崩壊する、ドルは沈没するという、ちょっと金融の事を知ってそうな人なら思いつくようなサジェスチョンを周囲のブレーンから植え付けられ、それを本気にした鳩山首相は、本当に米国が白旗を揚げるのを、待っていたのではないかという憶測がある。個人的に、これはたぶんそうだろうと思う。なんの見通しもなく、最低県外移転をぶちあげた、その目論見はむしろ、それこそ「陰謀論」的それに裏付けられたものでしかなかったと見るほうが自然だ。

とことこんアホ、という。2008年当時のベンジャミンとか副島らの、知ったかぶりのエセエコノミストらが、全員はやし立てた、ドル墜落という願望、これは正に見せ板にすぎなかったのである。覇権国、基軸通貨国というのは、そんなに甘くないのである。ベンジャミンや副島らを使って、ドル墜落を流布させたのだろう。本屋にいけば、ドル崩壊、ドル終焉などの書籍ばかりが目に付いた。が、まさか、政権を奪取した民主党の党首が、まんまとそのトラップにひっかかって自爆するとは、米側も思いもしなかったろう。

というように、米国の、誰が言ったかはしらんが、米国発のニュースは、非常に危険である。うのみにして、プラチナ買った人は、いいとこで見切りをつけたほうがいいと思う。

個人的な意見だが、アメリカは、最終的に大逆転を狙っている。それは逆ニクソンショックとでもいうべきものだろう。ニクソンショックでドルとゴールドを切り離した、その逆を部分的兌換という形でやってくる、という見方は、あり得ると思う。NY連銀倉庫やフォートノックスには、すでにゴールドはないという意見が多いが、むしろそうではなくて、30年近く先物を使った相場操縦によって安値を強いられてきたゴールド現物を、アメリカはこっそり仕込んでおり、来たる部分兌換制度下で、再度覇権をゆるぎないものにする、という戦法を考えている、というほうに、一票を投じたい。

というか、米国が、「ハイ、負けました」「白旗揚げます」という、純粋な少年のような行動を取ると思うだろうか、いやそうでなくて、突然大統領がテレビに現れて、「明日からルールを変更する」と暴挙に出る可能性のほうが高い、と見るべきではないだろうか? そのほうが米国らしくはないだろうか?

それと大事なのは、日本が世界最大の債権国だ、何も心配する事はない、だとか吹聴してるひとたちよ、その中身がなんだかしってるのかね? 米ドルと米国債、米機関債、州市債とかだぞ。ほんとうは、それらはゼロ換算で日本の資産として考えるべきものである。なんといっても米国は最初から、部分的デフォルトをするつもりなんでね。そうなったら、中国もふっとぶが彼らはそれをにらんでしっかり準備を進めており、金準備などゼロの日本はベンジャミンのいうように、翌日からボツワナ以下の最貧国に転落する、という事を考えておくべきである。いまの円を支えているのは、慢性的構造的な貿易赤字経常赤字に陥ってしまった、この国の不確かなリソースではなく、米ドル建ての対外債権に頼るところは大きい。それが実現した暁には、1ドル600円も夢ではないであろう。

なお、新100ドル紙幣については、ここで書いたが、発行が遅れに遅れており、今年7月ではないかという情報がある。表面上は、麻薬などにからんだアングラマネーへの対抗策だというが、すこぶるあやしい。新100ドル札だと言われる画像上にも、それを感じさせる意匠が施されている。空港で100ドル札が消えた話は、意味がわからない。発行遅延の言い訳かあるいは、全面的な計画変更の一環とか、か。

>Boikinは最近、米経済崩壊・食料危機・全米動乱・政府の国内戦争状態宣言発令を予言した。
>管理人注:赤線はFEMAを示唆している。

達人さんに同感だ。部分兌換宣言の話と、並行して、国内での不満分子の鎮圧という流れだろう。しかし、実施されるのは、必死になっていまオバマが進める銃規制完了後になると思う。銃口が連邦政府に向かってはたまらんので。
(追記)
別な説では、新ドル=デノミというのもある。こちらも可能性はある。旧札は、無価値にするか、1/10にする、とかいうのであろう。これがメインで、部分兌換は付属的という見方もできるかもしれない。
関連記事

テーマ:金本位制 | ジャンル:政治・経済

[2013/02/14 21:00] | gold | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<最近の米愛国者のオバマ評 | ホーム | ついに日本も買い越しか、ゴールド>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/316-9e248426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD