デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
2018年のソーラー用シルバー需要予測
photo


シルバー・インスティテュートという組織(研究所?)があるらしいが、そこが公表しているデータによれば、「2018年」にはソーラーパネル用途の銀需要が過去最大の150ミリオン・オンスになるという。

ソーラーにシルバーは必須な原材料なので使わざるを得ない。

どうして、日経やらCNBCは、この事を取材して、視聴者に対して「皆さんシルバーに注目しましょうね」、と言えないのだろうww

ま、口が裂けても言えません、ってなとこだろうが(マスゴミが一見まともなようでいて、実は嘘しかついてないとすれば、われらは花ある裏の道を行くしかない)。



2018年以降は、なだらかに需要は下がっていく予測になっている。

んーーー、2018年だけがなぜ大きく需要が上がるのかなぁ。

地球温暖化(詐欺)対策としてのソーラー需要が延びるとしたら、2018年だけで終わるはずはないと思うのだが。

もしかして、その頃にはシルバーの原価が高くなっていて、ソーラー用途としての需要が伸びない事を織り込んでたりしてなw



一方、1998年から2007年のデータだが、世界のシルバー生産量合計の伸び率を見てみよう。


photo

10年間で、たった128ミリオン・オンスの伸びしかない。今日銀が足りなくなったので、明日生産量を倍増してくれといってもどだい無理な話なのだ。

安く掘るには露天掘りしかないが、それだって掘り続けていけば質が悪くなったり含有量が減ったり、おまけに石油の値段が上がればガソリン価格も連動するため、ペイするものもしなくなるし(だから石油価格が最大のキー)、じょじょにその鉱山は衰退していく。


photo

図は、世界で4番めくらいに大きいオーストラリアのカニントン銀鉱山の2016年前半生産量と、今年のその予測を比べたもの。

なんと、マイナスー27%の大幅減である。もう掘り尽くしてしまったのでは?www


というように、鉱山からの上がりは、減ることはあっても、増える事は普通考えられないのでは?

じゃ、どうしてメキシコは6年間に生産量をほぼ倍増させるというウルトラCができたのだろう。

大いなる謎というしかない。


関連記事

テーマ:政治・時事問題 | ジャンル:政治・経済

[2017/02/12 18:48] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<石油とドルとのリンケージが切れたその後 | ホーム | COMEXとNYMEXはデフォルトするか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/315-83cd3e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD