デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
円高という実質のまったくともなわない幻想
円高が国益である、ということを、口をすっぱくしていう輩が居るが、そんなのはあたりまえなのであって、今更声を荒げて言うべきことではない。問題は、日本が長らく富を某国から収奪され続けたにもかかわらず、かつ311の国家の存立を揺るがす事態に遭遇してもなお、なぜ一貫して2012年12月まで、常軌を逸した円高が続いたのかという事である。

答えは、一気に、日本の富を奪うための深謀遠慮があったからだと思う。このあたりは勘だが、それ以外考えられん。311直後の円高のまことしやかな、円高にならざるをえなかった理由は、日本の保険業の円需要増大だった、という。そんな需要があったようには見えんがね。仕組まれてたんだと思う。日本人を、右も、左も、わからないようにしてしまうというね。

日本の外貨準備の殆どは米国債と米ドル、ほんの少しのユーロとユーロ関連債券だけであろう。そのうち、米国関連は、資産計上するなら、ゼロとしなければならない資産である。それをあるつもりで計算してるから、円高が当然とかいう、アホな結論になるのだ。円を裏付ける、資産はゼロなのだ。だから1ドル10000円になってもおかしくない。そこまで、日本は徹底的にアホになった。

日本の円をバックアップする資産としては、ゼロである。金準備756トンは返還要求できないのだ。同じように米国債も買ってはみたものの、売れないから、つまりはどぶに捨てたという意味しかなく、他方としてはドルの下落を抑えたという意味しかないのである。つまり、日本の国富は一貫して、米国に移転し続けてきたのである。その上での20年にわたる円高というのは、仕組まれたものだと言っていい。このことがわからないと、何もわからないだろう。

これを仕組んできたのは、中銀、日銀であるのは言をまたない。日銀白川が、欧米の圧力に屈しないかのようなポーズをとって、バカな国民の、バカな副島先生の、応援を集めているが、そもそも中銀が何か、という事を見誤っている。中銀は、連動連携してるのである。今回は、BISあたりから、日本の一層の金融緩和にOKが出たというだけである。白川がヒーローなのではない。その意味で、副島は本当にバカだと思う。何もわかっていない。

愚痴になった。いったんここで切ろう。

関連記事

テーマ:金本位制 | ジャンル:政治・経済

[2013/02/05 00:03] | Bankruptcy | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ツイッターから | ホーム | 高橋靖夫氏の言葉>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/249-20e17179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。