fc2ブログ
デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程を酩酊状態でメモ。
10年ぶりに、北海原油とWTIの価格が逆転か?

量は出ないが、高品質で価格も高いWTI原油(産出量はほとんどゼロだがw)と、北海油田ものの価格は、かつては、リーマンショック前まではWTIが明らかに北海ブレント油を凌駕していたものの、リーマンショックや311原発事故の前後を境に、両銘柄の価格は、逆転していた。

10年超続いてきたこのWTIと北海ブレントの価格逆転が、いま訂正されたのではないか・されつつあるのではないかと、ゼロヘッジは指摘している。
もしそうだとしたら、そこから何を読み取るのかは、その人つまり読み手による。

まあ、これがごくごく一時的な価格の逆転の逆転現象に過ぎず、明日にはもとに戻る訂正があるやもしれず、なんら意味のある事とは未だ断定はできないものの、直近では世界中がインフレ抑制のために「協調介入」して、各国の備蓄原油を泣く泣く放出してきた推移があり、それと無関係なのか、何かが起こる予兆なのかが気になるところ。

タイムラグがあるので、自分の目で現状、この価格逆転の逆転を確認することはできていないが、ゼロヘッジがレポートしていることからして、なんらかの異変発生と観るべきではないかと思う。


ロシアの石油・天然ガスはいま、売れに売れまくっており(買い手はほぼBRICS)、西側によるロシア制裁前よりもルーブルは一時的な下落をものともせず、直近はむしろ対ドルで急上昇しており、西側の圧倒的な惨敗は明らかだと言える。

WTIと北海油の価格関係から、異変を検知するなどという手法はそもそも馬鹿げているが、旧来続いてきた油による支配体制の、底の底のからくりが、なんら一つも明らかになっていない現状では、これらの表層的な現象からアプローチするというのは、間違っているとは言えないと思う。


油戦線に異状ありやなしや。


本日、西欧諸国は風力発電を大々的に進める合意(つまり旧来の油資本システムを捨てる馬鹿げた決定)をしたというニュースを聞いた。

風の流れに棹さす事(風力発電は本来の風の流れを弱める=エネルギー保存の法則)は、自然の風に逆らうこの事自体が、異常気象(やつらの言うところの温暖化)の、(太陽の異変を除いた)根本原因である。

早晩、とくに海上風力発電はメンテナンスの困難さから、稼働開始まもなくぶっ壊れて海の藻屑と消えることとなり、「負の遺産」として、歴史にくそ・馬鹿・無駄極地の汚名を記すことになるだろう。


関連記事
[2022/05/18 22:22] | 石油 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ビットコイン底打ちか? | ホーム | 王水にも溶けない金属があるのを知ってる?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/tb.php/1080-385e6e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters.(@b4_dooms_day)


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

米ガソリン小売価格

WTI

為替

ビットコインUSD