デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
供給量激減でも価格が下落しつづける銀

世界で2番目の採掘量をほこるガテマラ、エスコバル鉱山が行政命令によって閉山に追い込まれたというショッキングな記事。(SRSrocco氏による)

ガテマラは国家を上げて、鉱山開発によって進む環境汚染に対して敏感であり、その撲滅に熱心な珍しい国だ。これも過去、記事にした。


先日、オーストラリアのカニントン鉱山の銀採掘量が2017年に入って激減している事を記事にしたが、理由は違えど、それを指でなぞってフォローするかのような現実だ。

2017年のデータ、世界の銀採掘(場)会社ランキング。


photo

1位メキシコのサウシート(糞ったれメヒコw)、2位ガテマラのエスコバル、3位ロシア(世界のシルバー需給には無関係)、4位オーストラリアのカニントン(すでに今年、採掘量激減済みw)、5位ペルーのUchucchacua(読み方わからんw)。


メキシコはずいぶん昔から、シルバープライス誤魔化しのためのキーマンなので、是が非でも採掘量は減らしたくない、というところ。

2位のガテマラが逝っちゃってはなあぁ、厳しいだろうなあ。オーストラリアもだめだしなあ。


しかし、それでも誤魔化しに誤魔化し続けて先物は下がり続けている。

よくやるわ、という感じ。



本当にいま、先物に連動したこの価格でシルバー現物が取り引きされているんだろうか。

不思議でならない。


[2017/07/19 09:00] | silver | トラックバック(0) | コメント(1) |
ビットコインの行方

ビットコインが現在、変調だ。

一時、ドル建てでは$3000を打ったが、$1950付近まで下げている。

円建てでは30万から一気に20万前後まで落ちたようだ。

現状やや戻して$2200、25万円あたりをうかがっているようだ。


がしかし、おそらく直近のこの$1900台を底にして、また上昇を始めるだろう。

いったんこのゲームから降りると、再度乗るのはいろいろな意味で難しくなる。

現金建ての収支は気にしてはいけないと以前書いたが、あくまでBTCが減るか増えるかだけを気にするべきだ。



クリフハイはこのBTCの急騰、急落が続く様を、ワニの歯(日本人にはノコギリの歯のほうがピンと来るか?)と形容しているが、そうやって上下動を繰り返しながら、結局は上昇していくだろうと言っている。

現状、ドル建てのビットコインは三角保ち合いから下放れてのち、戻す状態であるが、彼によれば7月25日前後に、弾道曲線を描きはじめるターニングポイントが来るという。

そして、その弾道曲線が煮詰まって上昇も下落もしなくなるポイント(上死点)というのが来るらしく、それは弾道曲線が開始される7月25日からひと月後くらいであり、そこからまた狂ったような急上昇を始めるだろう、と言っている。時期的には8月後半から9月にかけてだと思われる。


余裕がある人は、遊んでみるのにいいエントリーポイントになるかもしれない。

あくまで自己責任でお願いします。



余談、ビットコインはいいとして、それをふやすためのアルトコインとして、個人的にはイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ネム(NEM、XEM)あたりが有力だと思っている。


[2017/07/19 06:52] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD