デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
騙されるなら徹底的に騙されよう




クリフ・ハイのツイートから。

いま書いているレポートは、「シルバーマニア」泣いて喜ぶものになるだろう、と。

5月3週目金曜日、とくに何事もなく過ぎてしまったことには、まったく触れてないのが彼らしい。



「tartd」は、アホとかクソとか、侮蔑の表現らしいが、「Silvertards」が英語のニュアンス的に、侮蔑的な意味を持つのか、それともシルバーマニア的な意味合いなのか、ちょっとわからない。

前者なら、首をしめてやりたいがw

そのレポートは5月29日発行予定だそうである。

彼のWealth reportは高くて読めそうにないが、何かわかれば追加したいところ。


スポンサーサイト
[2017/05/23 13:00] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヤフオクで見つけた1987年ASEプルーフ
photo


(↑アメリカ 1ドル銀貨 1987年 1OZ FineSilver ウォーキングリバティー Liberty

3日くらいまえ、銀貨の事を書こうと思ってヤフオクを検索してみたら、1000円で出物と思った出品があったのでお気にいりに入れていたが、案の定、現在2010円の値がついている。

ものは1987年アメリカン・シルバー・イーグルのプルーフ、年代は古いがプルーフはやはりきれいだし、プルーフの偽物は99.99%ない。そもそも、中国人には、作ることができない。日本人なら可能かもしれんが。


本当は買いたいが、現在、金欠病で買えそうにない。

どなたかぜひ安値で落札してもらいたい。



2012年、2013年なら5000円くらいはついていたのではないか?

いまのヤフオクの相場を知らないのでいい加減なことしか言えないが、これが2010円で落札できたら、旨い酒が飲めるだろう(入札者に応札のまま落札させて、うまい酒を飲ませてはいけないw)。

ま、せりあって高値になってもしょうがないので、4000円前後を目安にしたらどうかと思う。

2000年くらいを境に、ASEの精度というか手触りというか、うまく表現できないのだが、変わっていて、2000年以降(もっと前からかも?)のもののほうが、品質は高いようにみえる。

しかし、プルーフは2000年以前、以降関係ないと思う。1割2割高くても買う価値があると思う。

俺もいくつかもってるが、大事にしている。



先物価格が低迷してるせいで、オークションへの1オンス銀貨の出品自体が極端にすくない。

あるのはジャンクシルバーとか偽物とか、カラーリングされたASE銀貨とか、無意味なものばかりが目立つ。あと、鑑定業者が鑑定したパッケージ入りのものなども結構あるが、総じてコストパフォーマンスは悪く、これらに手を出してはいけないと思う。


後日、銀貨について考えていることを追記したい。


PS
コイン縁に、オレンジ色っぽい汚れが観えるが、タバコの脂ではない。おそらく硫化物かなにかだろう。シルバー専用クリーナを布につけてやさしくこすれば、すぐにきれいになります。


[2017/05/11 19:59] | silver | トラックバック(0) | コメント(5) |
明治の日本人は偉かった
「日本語~気になるあの言葉の語源」から引用)


別に銀を扱うわけでもないのに、なぜ銀行なのか?金行でいいんじゃないのか、という感じがしますが・・・。銀行という名称が使われるようになったのは、明治時代のこと。日本には開国とともに多くの外来文化が流入してきており、その中に「Bank」もあったようです。これを邦訳する際、福沢諭吉ら当時の学識者が、どのように訳すのか協議しました。

 案としては当然「金行」もあり、その他にも、「金舗」、「金司」などの案もあったようです。最終的に「銀行」となったのは、当時、隣国中国(清)が銀本位制(政府により、常に通貨と銀との交換が保証される制度。国の銀の保有量によって通貨流通量が制限される)をとっていた事、日本でも金より銀の方が流通量が多かった事、「キンコウ」よりも「ギンコウ」の方が発音しやすいと考えられた事などが理由とされています。銀行の「行」は、中国の商人が作った、営業独占と相互援助を目的とした同業商人組合を「行」と呼んだ事から来ています。



一説には、福沢諭吉ではなく、渋沢栄一が訳したともいうが、この際どっちでもおんなじだ。

中国も、日本も、実質的にはどちらも銀本位制だったから「銀行」。

「金行」などは、流通量が少なく、富の象徴、富の保存には向くが、通貨としてはあまり意味をなさなかったことを、明治の日本人は、きちんと意識していた。

あるいは、後世の日本人に、本当の事を忘れないよう、日常使われることになるだろうこの単語に願いを込めたとも考えられる。

いまの日本人には、銀行の「銀」の文字にシルバーという意味を見出している人は、皆無だろう。

今こそ思い出すべきでは?



[2017/05/11 10:54] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
アメリカが銀の流出を禁止する日
アメリカの貴金属ウォッチャー、アナリストのハービー・オーガン氏は、数日前の自分のブログに、こう書いている。


On First day notice 16.8 million oz were standing; tonight 21.91 million oz.
It looks to me that sovereign China wants its silver back.



「最初の日、(シルバーのデリバリー通知は)16.8ミリオンオンスだったが、それが今夜21.91ミリオンオンスになっている。私には、中国(国家)がシルバーを返して欲しいと思っているように見える」


中国(当時、中国という国は存在しないが)は中世から近世にかけて、世界的な貿易に熱心で、その対価として多くの銀が中国国内に流入したという。が、18世紀のアヘン戦争に敗れ、その国の富である銀の多くは、欧米各国によって奪われてしまった。


ハービー氏がここでいう「中国は銀を返して欲しいと思っている」と言っているのは、その奪われた銀を取り戻す悲願という事だろう。この現物デリバリー&中国については、これ以上の説明はなく、この一文から推察するしかないのだが。最初の日とは、5月1日のことか?

が、18世紀のように力ずくで奪い返すわけにはいかず、現代中国はチャイナマネーにものを言わせて欧米から銀を取り戻そうとしている、という事をハービー氏は言いたいのではないかと思う。


中国といえば、銀の生産量では世界でも有数だが、国外への輸出はしておらず、すべて中国国内に退蔵していると聞く。

それは国家戦略の一環だろう。

そのうえ、過去に欧米から奪われた銀を取り戻すのはいまだ、とcomexやLBMAから買い漁っているのではないか。



ゴールドの購入については、国家や中銀が直接、市場から買い上げることはない。それはもしその事実がわかってしまうと価格形成への影響が大きいし、そういうことはやめようぜという国家間、中銀間の取り決めがあるのだろう。

シルバーについてはどうなのだろう?

やはり、ゴールドと同じで、いくら安いといっても、国や中銀が直接市場から調達するという事はできないのではないか?

だから、国家ファンドや民間業者を装って、comexなどの先物市場を通じて、すでに大量のシルバーを購入し続けているのではないかという気がする。


アメリカはもはやシルバー純輸入国だが、先物市場での契約と現物のデリバリー、また国家によるアメリカンシルバーイーグルの販売なども行なっていてそれらは貴金属ディーラーを通じて、米国内だけでなく世界中に輸出されている。


ところで、本年初頭ごろのクリフハイ「予言」に、米国は海外へのシルバー流出を禁止する、という一文があったのを思い出した。

トランプ大統領のことだ、米国にとって少しでも不利となれば、シルバー輸出禁止くらいは朝飯前のように、エグゼクティブオーダーするだろう(本当はcomexを救うためだろうが)。

もし、万に一つ、間違って、そういうことが起きた翌日には、世界中の銀現物の売買価格(先物ではなく)が跳ね上がるのは、いうまでもない。

ちなみに5月はシルバーのデリバリーはなく、直近では6月。その6月は1年でももっとも多くのシルバー・デリバリー量になる月だという。



[2017/05/11 10:08] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
ビットコイン$1760、日本円で21万円に
この前、ビットコインとクリフハイ予言についてふれたのが4月28日、そのときビットコイン1枚はドルで$1447、日本円で16万円くらいだった。

それから2週間ほどで、$1760近辺、日本円では21万円になったようだ。

ちょっと信じられないような話だが、どうやら事実のようだ。


ほんとうは、ビットコインじゃなくて、金貨と銀貨がその役を担うはずだったのだが、うまいことその座をさらわれてしまって、残念でしかたない。首をしめてやりたいw



前から気になっていたビットコインに対する指摘で、なるほどと思われるのがあるので、紹介しよう。





2月ごろのビデオ。彼はバンクーバー在住のシルバーバグ、ビットコインも買っているようだ。

前半はシルバーについて、2016年年初を底にしてサイドアップ、上昇する、ビックムーブが来るのではといっているが、残念ながらいまのところその気配はない。買い場だというのはそうだと思うが。

で、後半はビットコインについて。

2013年の上昇で下側半円孤を描いて4倍になっているので、また同じ事がいま起きようとしているのでは、というのだ。$1100の4倍だと$4400という事になる。

もし、そういう事が本当に起こるなら、シルバーやゴールドも動き出す事になると思う。

ビットコインだけで終わるという事は、考えづらい。遅れてくるだけではないのか。



ビットコインと金銀の動きから、目が離せない。


[2017/05/09 20:27] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
シルバーへの抑制、たがは外れるのか?
photo


4月17日から直近までの、銀先物のチャート。

13日連続で下げ続けるのは、初めての事だそうだ。

それに加えて、見事というほかない、直線的に、しかし規則性をもって、ただただ下がっていくこれは、人為的に、強制的に操作されていると考えるほかない。

画面上、定規を当ててみると、直線になる。

これまでも毎週金曜日になると、どかんと大きなウリが入ったりして、おかしなダンピングがずうっと続けれてきたわけだが、彼らにとってすれば、それだけではすまない状況に追い詰められており、毎日毎日、規則正しく直線的に下がるように、人為的な操作が入っていると後ろ指さされようが、なりふり構わずにシルバー価格を操作せざるをえないというところに追い詰められているように思われる。

comex(NYMEX)銀先物市場におけるコマーシャルのショート玉は、過去最高を更新中であり、その結果がこういうチャートを生み出している。




webbotのレポートでは、正直、あまりこれと言った情報は書かれていないようだった。

ありきたりなインフレとか『金と銀』に対する抵抗、抑制があるが、最終的局面を迎えている、といったもので、ちょっとがっかりした。

一つだけ興味を惹かれたのは、5月の3周目か4週目の「フライデー」に、官僚による何らかの発表があり、市場に混乱を生じさせる、という記述。

そのフライデー午後の発表以降、シルバーマーケットが制御できなくなる、あるいはその萌芽が現れると。(当然、それはゴールドについても同様だろう)

調べてみると、5月19日(金)がシルバーオプション最終売買日、翌日土曜日がオプション決済日らしい。CME Globexのシルバーオプション状況についても見てみたが、現状、とくに目立つような事はなかった。

ただ7月もののボリュームだけが異常に膨らんでおり、これが季節要因的なものなのか、それともまた別な要因なのかは、素人にはちょっと判断できない。

そして、6月以降、抑制の効かない状況は加速していき、夏以降には現物リテールに極度の困難が訪れる、とも。


本当ならたまげる話だが、あくまで「データ・セット」が言っているだけなので、信ぴょう性は薄いと思う。




クリフ・ハイのレポートを読んでいて感じるのは、「suppression」(抑制、制御)が効かなくなるという表現の多さ。


いま最大に制御、コントロールされて直線的に下がっているチャート、これが今後ますます深化して、10ドル切るかもしれず、しかしそのあとに抑制がなくなる、という事か?

あまり期待しすぎて何もないと惚けるので、期待しないで待ちましょうw

PS
GSRが75を超えてきた。現物シルバーを買うチャンスだ。持っていない人は、この機会を逃してはいけない。



[2017/05/06 18:39] | silver | トラックバック(0) | コメント(3) |
6月をめぐって
GWも終わりを迎えたが、わけのわからない状態に、ほとほと呆れている。

北朝鮮を米国は攻撃するのか、するならいつだとか、マスゴミも売れるネタだから煽っている。

そして、北朝鮮問題とからんで、5月11日には、何やら南関東で核災害と地震が起こされるという「予言」も突如噴出し、一部で世間を騒がせているようだ。



いずれにしても311福島原発事故で放射能汚染に見舞われてしまったいまの日本、再度核災害が起こっても、人々の行動は変わらないだろうし、時間がたてば問題は解決する(ほんとは解決などないが)ってなもんで、あまり気にしてもしょうがないと思う。


一方で、ビットコインは瞬間、1700$の高値をつけている。日本円でのビットコインは19万円近くにまで上がったようだ。クリフ・ハイのいうような展開に見えるのだが、どうだろう?



いろいろな情報を見ていると、6月がひとつのターニング・ポイントになりそうな予感がする。

で、前から気になっていたwebbotレポートを購入してみた。

英語のPDFだから、日本人にはほんと困るのだが、その分安くして欲しいなあと思いつつ、そういうわけにもいかず、とりあえず購入してみた。



第三者によるレポートのサマリーをここで紹介したが、そこでも6月に異変がありそうだという事を書いたはずだが、気になったのはその事。とくに、16ドル代に陥落しているシルバーを巡るそれだ。

日が昇る直前がもっとも暗いという。

シルバーもそれではないかという気がするが、とりあえず電脳翻訳を駆使して、webbotレポートを読み進めて始めた。

何か発見があれば、ここに書きたいと思う。


5月11日(あるいは13日)、何もないといいが、おそらく何もないだろうw


[2017/05/06 12:13] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。