デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
安倍は対米独立を目指す国士なのか、それとも売国奴かつ詐欺師なのか?

板垣英憲ブログから)

『「安倍晋三政権は、破れ傘。もうボロボロだ」―首相官邸内部からの極秘情報によると、安倍晋三首相は3月29日、菅義偉官房長官と自民党の二階俊博幹事長から「もう政権が持たない。衆院解散を決断すべきだ」と進言されたという』

『理由は、「森友学園の籠池籠池理事長問題」ではなく、「厚労省の麻薬取締官(麻薬Gメン)が、安倍晋三首相が所属する自民党派閥『清和会=細田博之会長』会員のN衆院議員(前外務副大臣)を麻薬取締法違反容疑で摘発、尿検査でクロという証拠もあり、通常国会会期が6月18日に終わり次第、逮捕する方針」ということだ』

『深刻な問題は、これだけではない。米CIA情報によると、ムスリム同胞団が編成している麻薬密売組織ルートの「コカインと麻薬」が日本国内に密輸入されて、暴力団や大手人材派遣会社の派遣社員らによって売られ、その資金が、安倍晋三政権内部の深くまで汚染しているといい、これがN衆院議員の麻薬取締法違反事件と繋がっており、事態は、極めて深刻だ。このため、安倍晋三首相には、すでに逃げ道はなく、早急に衆院解散・総選挙(4月~5月)に踏み切ることを迫られている』



懸案の森友学園問題のほうだが、仕掛け人はトランプ政権の影の立役者、キッシンジャーだという情報もある。

仮に、籠池氏が逮捕されるとか暗殺されるなりして一時的に逃げおうせても、安倍クソの親友、加計某が持つ学校法人加計学園グループ問題がすでに射程距離に入っており、30億円相当の土地がロハでこの男に払い下げられている事から、只ではすみそうにない。

国の土地払い下げによる利益供与スキーム(犯罪)は、むかしからあるようだ。

「アッキード疑獄」という言葉は、山本太郎氏がひねり出したものらしいが、結構意味が深いのかも。



一方、安倍クソをこの段階になってまだ、擁護する男もいる。

国際問題、政治経済の分析で有名な田中宇(たなか・さかい)氏もその一人だ。

この文章を読んで、俺はあっけにとられた。

「台湾に接近し日豪亜同盟を指向する日本」

「安倍首相が急いでトランプにすり寄ったが、どうやら安倍は、対米(軍産)従属から、軍産複合体を潰したい対トランプへの従属へと転換したようだと感じられた。その後、安倍政権の日本が、台湾との関係する協会の名称変更や、副大臣級の台湾訪問を挙行した」

「トランプは、北朝鮮問題を中国に進めてもらうため、いったん好意を見せた台湾を見捨てた。だが日本は、その後も台湾への接近を続け、3月25日に日華断交後初の副大臣級の公務訪問に踏み切っている。明らかに、対米従属の策でない。トランプが安倍に、中国が台湾を強制併合しないようにする策を、米国が台湾を見捨てざるを得なくなったあとも日本がやり続けてくれと頼み、安倍がそれを了承した観がある」

「だが今の日本は、そんな懸念を無視し、トランプが台湾を見捨てた後に、副大臣級を台湾に公式訪問させ、台湾を国家として認めるかのような方向に一歩進んでいる。日本は、対米従属一本槍でなくなっている。これは、トランプが米国覇権を放棄しようとしていることと、方向的に呼応している。対米従属が難しくなる以上、日本は外交的に自立していかざるを得ない。その一歩として、日本の影響圏に入りうる、かつての植民地でもある台湾に接近していると見ることができる」

「実のところ、日本が台湾に接近することによる喫緊の問題は、中国との関係でない。日本が、米国(軍産)から自立した外交政策をとることを最も嫌う、日本外務省など日本の軍産系の勢力が、安倍政権のスキャンダルを扇動し、安倍を辞めさせて、もっと軍産の言うことを聞く指導者とすり替え、日豪亜的なことや、安倍がメルケルなどと組んで米国の保護主義を批判しつつ自由貿易の重要性を提唱するような勝手な真似をさせないようにしたがっている動きの方が、緊急の問題だ」

「日本のリベラル派のほとんどは、安倍憎しの観点から、ことの本質に気づかないまま、対米自立し始めた安倍を辞めさせようとする軍産系のスキャンダル扇動の動きに乗ってしまっている。トランプを嫌うあまり、トランプ敵視の軍産の傀儡になってしまった米国のリベラル派と同じだ。日本(や米国やイスラエルや西欧)は、左からだと転換できない。右からしか転換できない(極右になった挙句に米国覇権を崩し、多極化する)」




要点をまとめる。

台湾と中国問題、当初トランプは台湾総統にいち早く電話するなどして台湾を重視する素振りを見せ、中国を牽制する姿勢を取ったがその後軟化、台湾はトランプに捨てられた。

日本はトランプ大統領就任で、政治家以上に官僚らが混乱した。田中氏によれば、安倍クソは従来の米国軍産派と手を切り、トランプ側(反軍産側)についた。対米独立のいい機会だ、と捉え始めている。

米中が大人の関係を築こうとする中、日本は独自に台湾に接近し、対米自立と独自の外交を進めようとする安倍政権を評価するべきだ。こんなときに軍産派(外務省)がしかけた「アッキード事件」に揺さぶられていてはいけない。


と、いったあたり。



田中氏は安倍を買いかぶりすぎだっての。

それと「軍産複合体」の古典的表現で、いまの米国内の現実の力関係をあらわすには無理がある。

気になったのは

「トランプが安倍に、中国が台湾を強制併合しないようにする策を、米国が台湾を見捨てざるを得なくなったあとも日本がやり続けてくれと頼み、安倍がそれを了承した観がある」

もしこれが本当なら、すごいことだが、「了承した観がある」じゃーなー。



俺からすれば、安倍クソは、中国憎しの雰囲気を醸し出す事だけが重要と考えており、対米自立などそもそも眼中にない。台湾に接近中なのは事実らしいが、単なる思いつきで、トランプなら見逃してくれるだろうくらいし考えてない。

日本同様、台湾も捨てられたので、弱いもの同士、なかよくしましょうねー。というあたりだろ。

第一、日豪亜の豪は、地勢的条件から、情勢不利とみたらすぐに中国側へ寝返りかねない。



仮にヒラリーが大統領になっていれば、安倍は従来路線どおりだっただろうし、そんな人間が対米自立を考えるなんてのは、100%ありえない。仮に対米自立を考えていたとしても、内政では国民切り捨ての政策オンパレードで、無意味だ。

安倍クソが国士だなんてのは、中国以外の誰に対しても(プーチンとでも)八方美人的外交姿勢なので、それが何か深いことを考えていそうな策略家に見える、という錯覚を利用したデマゴギーに過ぎない。

国民の生活を犠牲にして、滅茶苦茶にしておいて、対米自立もクソもないもんだ。



そういえば、キッシンジャーはもろに中国派だったな。



スポンサーサイト
[2017/03/31 19:35] | 戦争 | トラックバック(0) | コメント(2) |
あえて自画自賛しておく
世界の、誰も、本命はゴールドでなく、シルバーだ、と言っていない。むしろ、本命のシルバーのそれを隠すためにゴールドがあるとさえ言っていいと、いまの段階の俺は思っている。

そう思って情報を集めて、データを見ながら書いている。

てきとうに、このブログのプリフィクスをsilverisrealmoneyにしたのじゃない。伊達に、いっときの思いでやってのるじゃない。

これを理解できないなら、俺の記事を読む意味はない。あなたにとってむしろ害毒になるぞ。

だから、やめてください。

読まないでください。

リンクから外してくださいな。

ちがうんじゃないの、そうじゃなくて俺はこう思うけどな、などと一言も言わず、見るだけ見て、俺をバカにして、ピエロにしないで欲しい。

自分かってなやつだと思っていただいて結構、俺は自分勝手の極地で生きてる。

あなたが納得できない、少しも支持できそうにない、そういうレベルの低い、胡散臭い話を、あなたがあえて読む必要はないでしょう? むしろ見ないで欲しい、と言いたい。


数年前、「お前は海外のブログ情報を写してるだけだろ」と批判されたことがあって、2%くらいあたっていたので、そのままにしておいたが、俺の見聞できる範囲では、シルバー本命を言ってる人は皆無だ。そういう発想がない。

どうせ、ゴールドの付属品という扱いだ。割安だ、というのと、本命だ、というのは同じではない。

もっといえば、ビットコインの本質をひと目で見抜けないのが致命的だ。「遊べる」程度にしておけばいいのに、仮想通貨を誤認してる連中が多い。タコがタコの足を食ってる事に気づいていない。そしてその足に、心臓がついている事をわかっていない。ようは、バカ。

いずれにしても、おもしろくない、共感、共鳴できない本ブログをあなたが無理して見る必要なし。だ。やめてくれ。

さようなら。


[2017/03/30 21:50] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
【世界初】エルサルバドル、ゴールド(つまりシルバー)の採掘を法律で禁止に――そしてゲスの極み・青山繁晴
photo



すばらしい。英断だ、快挙だ!!

エルサルバドル、これまで行った事も気に留めた事もない国だが、この記事一発で好きになったw

腐れメキシコよ、エルサルバドルの爪の垢でも煎じて飲みなさい。


(以下、英字記事電脳訳

「中央アメリカで最も小さな国エルサルバドルは、環境と天然資源を保護するため、すべての金属採掘を禁止する法律を承認しました。それは、世界で最初の国です」

「新しい法律は、露天掘りと鉱山における金属のすべての調査、採掘と鉱石処理を禁止します」

『「エルサルバドルの歴史的な日です。全世界のための歴史的な日です」―ーファイナンシャル・タイムズに対して、同国の環境大臣リーナ・ポールは言います。また「これは、この国における環境劣化をなくすための勇敢な一歩であり、驚異的で非常に大きなステップです」と、彼女は付け加えました』

「エルサルバドルの環境汚染レベルは(ハイチの次に)ひどく、国連データによれば、汚染のない飲料水の入手可能性は最低レベルです」

『「鉱業は、命の源、水を汚染する産業です。ニューヨークタイムズが言うように、これは国の生死に関わる問題です」と、アンドレ・マッキンレー(首都サンサルバドルにある中米大学の工業・水資源スペシャリスト)は言いました』

「この法律は、国際的な金と銀の鉱業会社との係争があったにもかかわらず可決されました。(2016年)10月、オーストラリア(カナダ?)の鉱山会社OceanaGold社に対して、エルサルバドルは世界銀行の投資紛争解決国際センター(ICSID)で、訴訟に勝ちました」

「エルサルバドルが2009年、同社への採掘許可を撤回したあと、同社は2億5000万ドルの補償をエルサルバドルに要求しました。同社OceanaGoldは、補償を受けるどころか裁判に負けて、訴訟費用としてエルサルバドルに対して800万ドルを支払わなければならなくなったのです」




バカの極みとは、このOceanaGoldという国籍不明の鉱山会社の事だが、よく知らない(おそらくはJPMがらみだと思う)。あとで調べてみよう。しかし、この敗訴にかかわる費用800万ドルも、同社産シルバーに乗っかるわけだ。なおさら、割安の極地とでもいえる、このシルバーを買うべきだ、現物で。



グローバリスト&銀行屋の手先の、日本のバカどもは、山を掘るだけではあきたらなく、日本近海の海底も掘ると鼻息荒くほざいている。青山繁晴、おまえだよ、おまえ!

どんだけ、地球をいじくって痛めつければ気がすむんだよ。安倍クソの提灯持ち、太鼓持ち風情が知ったかに、偉そうに言うんじゃない、クズ野郎め!



このエルサルバドルの英断が、中南米の近隣諸国へ広がってほしい。とくに、腐臭のする、CIA植民地のメキシコには。昼間から酒のんでくだマイてるだけのメキシコ公務員、きさまら恥を知れ!

ゴールドを掘るというのは名目、言い訳であり、本当はその副産物とされてるが本命のシルバーを、ダンピングしたいがためだけに、掘ってるのです。

そしてあえて断言しよう。この、エルサルバドルの独断専行も、トランプ効果だ、と。


こうして俯瞰してみると、トランプ大統領を、われわれは全力で応援したいところ。ツイッターとかFBでフォローして、いいね、リツートしようでは、あーりませんかw

---------------------------------------------------

おまけ

NHKで生中継された参院での籠池氏の証人喚問、終始下を向いて体勢をいい塩梅に調整して、籠池氏と絶対目が合わないよう、ひたすら無駄な努力を続けるゲスの青山繁晴(卑怯者の極みだ、こいつは)。しかし、いつの間に議員になってたの、こいつはw







[2017/03/30 21:12] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
冴えないゴールドの裏側

シルバーはあがっても、ゴールドは上がらないという傾向が目立つ。上げてもすぐに下がる、というか。

なんでだろうと思っていたが、とくに日本については、これで説明がつく、という事に気づいた。



TOCOM(東京商品取引所)の年次、月次レポートを見てみて、驚いた。

なんと、webにアップされているデータで確認出来る限りだが、1992年から2015年の期間に、先物から現引きされたゴールドは、ほぼゼロだったようなのだ。


photo

つまり、先物につっこむのは、単にキャピタルゲインを得たいがため、利ざやをかせぎたいだけの取り引きが99.9%であり、2015年までは現物を買うためにTOCOMを利用していたユーザーはほぼゼロだったという事。


ちょっと驚きである。ま、現実というのはそんなもんかもだが。

しかし、2016年になって、状況は変わったようだ。


photo

photo

TOCOMの月次レポートに、それまで存在すらしていなかった新しい項目欄「Gold Phisical Transaction」が追加されている。この「Phisical Transaction」は現物受け取りの意味だと思う。どうでもいい事かもだが、なぜ「Phisical Delivery」と書かないのだろう?



それまでのゼロから初めて数字が現れるのが、2016年7月の「26」(トン?)。BREXITが金融危機の様相をいっそう深めていった頃だ。

それ以降毎月、この項目には数字が入っており、現受けの量はコンスタントに毎月20トンを超えてデリバリーされている。
現物をもっとも安く買えるのが先物だ。その代わり、銘柄(tanakaとかUBSとか)指定はできないらしいが。小さいキズも多い。中があんこの可能性もゼロじゃないしw(tanakaなら可能はゼロ。いったん全部溶かしてるから)


ところで、先物契約から現物を引き取れば、当然先物の価格は下がる事になり、表面的には、冴えないゴールドの意味がわかったような気がした。本当かどうかはわからんが。



問題は、この現物引き受けの傾向が日本だけのものか、という事。それに、シルバーはどうなのだろうか、という事。

日本だけの傾向というのも考えづらい。世界的に連動したもの、と考えるのが普通だ。というより、2016年に、初めて現引きされたゴールドが数字となって現れた日本というこの日本が異常というべきだw


シルバーについては「Phisical Transaction」の項目がなく、web上のデータを穴のあくほど探せばあるのかもしれないが、時間がないので確認できないでいるが、これについてもゴールドだけ現引きが増えているとも考えづらい(ただシルバーは保管が大変なので、総量は少ないかも)。



初めて知った現実だったが、本当に2015年まで先物から現物を引き取る人がゼロだったというのは驚きだ(小口の100gとか1kgとかはこの表には載っていないだろうが)。

だとすれば、やはり根本的な、ファンダメンタルズの異常、地殻変動が昨年夏から始まっている、という事が言えるだろう。
いよいよか感がはんぱないw

欧米の記事で、ETF(現物交換可能な)への転換が増えているというのを見たが、すぐには出てこない。見つかったら追加しよう。


[2017/03/30 19:18] | gold | トラックバック(0) | コメント(0) |
米共和党有力者「米国は4月29日に政府機能停止する」




噂である。

政治ライターのマイク・アレンという人が、共和党有力者から聞いたという。

そして、その政府機能停止は、政治的に起こるものだとも。

つまり、予定の行動だという事らしい。



とすると、オバマケア廃止法案が否定されたことも予定のうちだったという事かな?

そして依然として、トランプ大統領は、本件について、つぶやいていない。

ただこういうリークがあった、という事は、その日には何も起こらない可能性が高いと思う。


[2017/03/29 21:34] | うわさ噂Rumor | トラックバック(0) | コメント(0) |
バラク・オバマ前米国大統領、逃亡か?

板垣英憲ブログより)

「米バラク・オバマ前大統領が、エジプトを拠点とするムスリム同胞団の麻薬密売組織から巨額資金を得続けているとして摘発され、身柄確保寸前に逃亡した」―という驚愕情報が3月27日、伝えられてきた。これは、訪韓中の小沢一郎代表が26日、韓国国家情報院(韓国中央情報部=KCIAを改称)の李炳浩院長(2015年3月就任)と面会した際、「コカインと麻薬の密売ルートを教えられた」という。ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官)に連絡、通報を受けた米CIAは、即座に摘発部隊をカリブ海のセント・マーチン島に派遣し、まさに離陸しようとしていた直前、輸送機を捕獲、機内には中国産と北朝鮮産の「コカインと麻薬」が大量に積まれていた。この密輸組織のトップは、オバマ前大統領の親友だといい、トランプ大統領を就任後も批判し続けているオバマ前大統領の「化けの皮」が剥がされて、その欺瞞性により、国民人気は急速に失墜するものと見られている。
 ちなみに、オバマ前大統領に睨まれて、日本人拉致問題を解決できなかった安倍晋三首相は、外交力がなく、情けない。となれば、本気で「朝鮮半島統一」に取り組んでいる本物の国際政治家である小沢一郎代表とキッシンジャー博士の出番である。「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(飯塚繁雄代表)は急いで、小沢一郎代表を訪ねて「年内に全ての被害者救出」「見返りも条件に実質協議」を要請すべきである。オバマ前大統領の2期8年、安倍晋三首相は在任5年、何の助けにもならなかったからだ。



ほんとか嘘かわからんが。。。

ガセくさいなあ。



[2017/03/29 12:36] | in_Mad | トラックバック(0) | コメント(0) |
グローリー・オブ・ラブ

学生時代にアルバイトで、当時流行りはじめたメーカーメイキャップのイベント屋で走り回った事があった。

会社は、渋谷か飯田橋かその中間あたりだったと思う。


初めてその会社に出勤したとき、そこの若い一人の男性社員に、見惚れた。

俺がホモだったわけではない。その気はない。



その30歳くらいの社員の男性は、どう見てもピーター・セテラそっくりだったのだ。

ハード・セイ・アイム・ソーリー」のシカゴを出奔して、独り立ちしたピーター・セテラ、そのまんまの顔をした、同僚だったその人の事をいまでも忘れられない。(その人と話をするたび、心の中では、こんにちはピーターさん、とつぶやいたのだったw)

むろんその男性は日本人で、他人の空似だったんだけど。

そんな事をいま、ひょいっと思い出した。




若さこそがパワーそのものだった事に気づかなかった、そのころのことを。


[2017/03/29 00:14] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
バカにされても動けない日銀



「おや、今日は日銀はお休みですか」と、ゼロヘッジ氏にからかわれる始末の我が日銀黒田ww


photo


円高に振れて欧州が開場して少し経つと、どこからともなく円売りドル買いの矢が飛んできた(安倍糞三の3本の矢の1本)のだが、ここんとこ飛んでこないので、いぶかったのだろう。

オバマかヒラリーか、どちらかはわからんが、そのお墨付きがなくなったとたんに、チンコは萎縮してしぼみ、立たなくなるというこの情けなさ。

ロンドンのシティからか、それともロンドンの日本大使館からかは知らないが、恐らく日銀に委託されたシティのディーリングルームからだろうが、以前はこれでもかとかっ飛ばし続けてきた日銀砲がここんとこ湿りっぱなしなので、バカにされているのだ。

ほんと、しょうもないやつらだ。全部読まれてるんだよww



しかし、仮にドルが逝った場合、あるいは旧ドル→新ドル(死んどる)の移行があった場合、円の価値を裏付ける外貨ドルが逝くので、同期してリンケージド円も逝くという事、お忘れなきよう。

そのとき我らが祖国日本には、ドルという名の便所紙と、汚染されしつくした国土(=沈没したのと同じ)しか残ってないからね。

それともう一つ付け加えておこう。貴金属、特にシルバーのダンピングには、日銀砲の円弾が使われている、と。二重三重の意味で、日本人は激怒しないとおかしいのだ(期待するだけ無駄だが)。


日本は江戸時代まで、ゴールドの国というよりむしろシルバーの国だったんだぜ。


---------------------------------------------------

余談。

安倍の黒田節が糞で、びびってると書いた直後、しょぼい日銀砲が炸裂した(22:30JST=13:30UTCごろ)。が、あまりにしょぼいので、円高に一層拍車がかかる見込み。日本国民の血と涙の結晶が、こうやって無に帰していくのである。


photo


[2017/03/28 23:06] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
偶然は続くもの
photo


珍しくシルバーがアジアンタイムで上げて、欧州に移っても上がっている。

ま、偶然だな。

そういえば先週金曜日も珍しく、週末恒例のドル防衛隊による攻撃がなかった。

隊員のみなさんもお疲れなんでしょうなあ、このまま引退してもらったほうがいいがw



トランプ大統領の言葉数が、オバマケア代替法案の撤回以降、少なくなっている感じ。

ま、これも偶然だろうけど。


photo

ドルインデックス、直滑降まではいかないが、斜滑降くらいか? とよく見たら、でかい窓が開いてる(時間足)。目の錯覚か何かだろうww



株も下げてはいるが、大した下げではないw と言っても、これだけ赤字(マイナス)が揃うと、何かのお祭りかと勘違いするよねw

ま、しかし、たまたまだろうw 深刻になる必要はございませんw


photo

photo


偶然って、続くもんですねー。

NYが見ものww


NYSEダウは22:30JST、週末比―0.8%で寄り付いた。

偶然って、すごいですねww


[2017/03/27 22:40] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
基礎データ

普段、どこかで銀がなんぼとれたとか、輸出したとか書いているわりには、基本的な数字がわかっていないので、米地質調査所(USGS)の2017年データから、コピーしておく。

酔っ払ってるので、当方の書いてる事はいいかげんだが、画像はUSGSからのコピペなので、間違いはない。

まず、米国内のシルバー関連のパラメータ(画像上で右クリック、「画像(だけ)を表示」ででかくなる)。


photo

米国内(含アラスカ)におけるシルバー生産量はヨコバイ。2014年、若干上がっているのは、馬鹿野郎~、なんとか生産量上げろ! とケツを叩かれたからだろうw

リサイクルについてだが、当方の勘違いがあったなと思ったのは、金銀プラチナ、リチウムその他もろもろの貴金属・レアメタルはおもに基板が燃やされて溶かされたあと抽出されれるので、シルバー単体の経費を出すのはかなり難しいかもということ(しかし抽出後、シルバーだけは依然経費ゼロで計算されてるだろう)。

輸入量、何度も書いてきたが、米国のシルバー輸入量は上がりっぱなし。青天井状態だといえる。消費分もそれに比例。

プライスは見ると悲しくなるので、パス。

在庫分どこに振り分けられてるかの項目は、工業用途が伸長一途。

米財務省在庫は、本気度がゼロ、やる気なしがみえみえの一貫して「496」と「498」のどっちか。たぶんこれは嘘だろう。ゼロだと思う。

米糞もきちんとリストされているのは、さすがアメだ。COMEXの銀が積み上がっているのは、デリバリーがそんだけ近い将来、心配されるほど予測されているから。

「Employment, mine and mill」がわからない。工場在庫分? ま、鉱山会社も米国の意のままという事でしょうね。

「Net import reliance as a percentage of apparent consumption」正味輸入依存(指数?)、もともとシルバー輸入超過なんだから、あえて「正味」などと付ける必要ないと思うが、一貫して増加傾向。

Recycling: In 2016, approximately 1,300 tons of silver was recovered from new and old scrap, about 18% of apparent consumptionーー都市鉱山で1300トン出ましたよ、とわかりきった事を再度言うだけの項目、増えてるって事を言いたい(つまりシルバー投資は無駄ですよと言いたい)だけの意味ない項目。見りゃ解るってのw



そして、上記表データの最下段、「Import Sources (2012–15)」(輸入元)の項、ここが大事です。

Mexico=48%; Canada=32%; Peru=5%; Poland=4%; other=11%

アメリカが輸入するシルバーの半分は、メキシコ産なので~す。

だから、トランプ大統領が、メキシコ国境2600kmの壁を作って、麻薬と不法移民が入ってくるのを駆逐すると声高に言ったのは、このメキシコ産シルバーにも20%の関税かける(つまり駆逐したい)、という事と一体なのだと思う。ハッキリいって、メキシコはCIAのプライベート植民地ですw

32%で2位のカナダなどは、もうほとんどシルバーが出ないのです。年々極端に下がる一方で、カナダはその全量を米国に出しているのです。


とにかく、メキシコから不法に安くやってくるシルバー(ほとんどゼロのガソリン代で掘られたとか)を止める、という事。

昨年、メキシコの米国境付近でメキシコ人(若者中心)の遺骨が(200~300)見つかったが、麻薬関連の口封じ、もしかするとシルバー関連のそれではないかと思われる。


続きまして、世界のシルバー。

photo


中南米だのみなのがよくわかる。中国、ロシアは市場に出していない。自国内で退蔵するだけ。頼みの、あのオーストラリアでさえ前途多難で増産の兆しゼロ。むしろ減産一直線。

そして、2016年世界で生産されたシルバー総量は、約27,000トン(868.2ミリオン・オンス=1935年の約4倍)だ、という事がわかった。

おそらく、2016年はピーク・シルバー年だったろう。


だから、何? と言われても困るけどさ。


[2017/03/24 21:21] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |次のページ>>
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。