デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
太陽黒点と震災
photo


(↑JO7NLI氏のブログより)

ほとんど誰も気にしていないが、太陽活動と地球上で起こる災害、災厄との間には、相関がある。

くるくるぱーの代表格、気象庁などはまるでそんな事は眼中になく、コンピュータがはじきだすデータを見て、あとから漫才を続けているだけで、地震や火山噴火など予知はできないのだから、彼らに期待するだけ無駄という状況だ。

太陽活動とは何か?

それは、太陽黒点数の推移でしか表す事ができない。太陽黒点だけが16世紀か17世紀くらいから人類がワッチしてきた、唯一の貴重なデータだ。

だから、それ以外の太陽の事象に関しては、人類は手の出しようがない。フレアとかCMEとか難しい事を語って、人を煙に巻こうとする糞やろうがあとを絶たないが、人生50年くらい観測を続けて、これぞ真理だと言ってみたところで、何の意味もないのである。

ひたすら太陽黒点数の推移に目を配るべきだ。

地球はいま、17世紀に地球を襲ったマウンダー極小期と同じような道をたどりつつある。原発でカネをまわしたい世界原子力ムラがいう地球温暖化は100%嘘であり、現実は逆に地球寒冷化に向かっているのだ。

ほんとうは、温暖化(これまでの地球の状況)から、寒冷化へと向かう途中の異常気象であり、そのことを知ってる連中が、そのことをこれはまずいと思っており、それを自分たちに都合の良いように、寒冷化へ向かう途中の異常気象を、温暖化と言ってごまかしているに過ぎない。

このわかりやすい嘘に騙されている日本人が、あまりに多くて情けない、というよりそういうバカは早めに死んだほうが日本人のためなのだが。。。

この地球温暖化議論が、徹底的に嘘だとわかっているトランプがその事を真っ正直に言ってみせても、自分たちのバカさ加減を棚にあげて、あろうことか、逆にトランプをバカにしている日本人有識者らがいるが、本当に腹だたしいに尽きる。

17世紀のロンドン、テームズ川は毎年毎年凍りついたという。陽はささず、作物は育たず、寒さに凍えながら多くの人間が死んだ。日本の江戸中期~後期の度重なった飢饉は、その証拠だ。

黒点が増えて太陽活動が活発化すると、その影響で地球に異常が起こると勘違いする人がいるが、現実はその逆だ。太陽活動が活発化すると、経済活動も同期して活発になる。気温も上昇して作物も良く育ち、よいことづくめなのである。

どこでそれをどう間違うと、太陽黒点が増えると地球に異常が起こるといういいかげんな風説が出回るようになったのか不思議だが、おそらく世界原子力ムラ発のプロパガンダであろう。


直近の太陽黒点数が異常を示している。スポット(ある日だけとある時間だけとか)で太陽黒点がゼロにはなる日はあっても、それが数日、数週間続くというのはあきらかに太陽の活動がおかしくなっている証拠だ。

先日のニュージーランドM7も、その太陽黒点数ゼロが続くさなかにおきたのだ。

いずれにしても、環太平洋ファイアーリング地域に住む人間は、そういう災厄と常に向き合っていることを忘れてはならないと思う。



[2016/11/27 18:32] | 異常気象 | トラックバック(0) | コメント(0) |
恐るべし温暖化
photo



史上最低のマスゴミががなりたてる「温暖化」だが、ついにその温暖化が11月の東京に雪を降らすらしい。

恐るべし温暖化である。暑くなっても温暖化のせい、寒くなっても温暖化によるもの。。。

ふざけんなよゴラ~~


[2016/11/23 18:50] | 異常気象 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ウィーン銀貨とシルバーイーグル
所要があって先日、都内の田中貴金属に出かけた際、普段はあまりみない当日の各銘柄売買値が書かれたレート表を見た。

ゴールドバーやコインの値と手数料などが書かれていて、知ってはいたが、しげしげと再確認するように見てみた。

知らなかったのだが、田中貴金属では、1オンス・シルバーコインの買い取りも行っているようだ。この日のレートでは1オンス銀貨1枚の買い取り価格が1900円台だった。

細かいところまでは覚えてないが、実際の前日くらいの先物価格に連動した買い入れ値のように思われた。売値はマージンのっけてもっと高いだろうが。

ところで田中が銀貨買い取りをするのは、ウィーン銀貨とアメリカン・シルバー・イーグルだけのようだ。数が多いと思われるメープル銀貨はNG。メープル金貨のほうは田中でも売買しているのにな。

もっとも、その他の銀貨でも1枚1500円前後?とかで買い取る事は買い取るようだ。

田中では銀貨の買い入れは昔はやっていなかったと思うが、いつから始めたのだろう。

いずれにしても、銀貨売買の需要が日本でもある程度は存在する事の証だと思う。

----------------------------------------------------

先日の当方記事に対するコメントに、「銀貨は換金に苦労するので買ってない」という方がいたが、ま、そう簡単に言えないのでもないのではという気がしますが。


[2016/11/13 21:48] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
リサイクルならまずはバッテリーを長持ちさせる事から始めよう
車屋や車専門誌の話を聞くと、車のバッテリーはきちんと使っていても5年後くらいから劣化するので、早めに交換しようなどと知ったふうな事を書いて茶を濁しているが、「民主主義を守ろう」、「そうすれば我々は幸せになれる」といったごく表面的な、耳ざわりの良い政治的スローガンを聞くのを思い出して反吐が出る。

鉛バッテリーは重い負荷をかけたあとはすぐに補充電し(放電しながら充電する)、放電最終電圧10V強を下回らないようにする事が大事だ。

そうすれば、電極表面にできるバッテリー能力低下の元、サルフェーション(酸化物)を減らす事ができる。けれど、普通、どんどんそれは蓄積されていき、最後はほとんど充電できないという状況になる。

2000年ごろ、ネットの電子工作愛好家の間で、デサルフェーサーという、ごく簡単な装置によって、このバッテリー劣化の原因であるサルフェーションを消滅させて、バッテリーが復活する事実が明らかにされた。この世紀の大発見に大メーカーは無反応だったのが、糞笑えたww

直後、俺もハンダごて握って歴ん十年なので、さっそく作ってみたが、オリジナルに近いアナログICドライブではさんざんで結果が出ず(効果あったがパフォーマンス悪かった)、今回アナログICドライブをやめてPICというマイコン・ドライブに変えたところ、好結果を得たので紹介しよう。

いま「パルサー」や「デサルフェーション」「デサルフェータ」などのキーワードで検索すると、山ほど回路や解説が登場するが、それぞれオリジナルの回路と微妙に違っており、そのうちのどれがいいのか、実験してはオシロスコープの波形を見て、結果を確かめてきたのであった。

その結果、いい感触だった回路が以下。結局のところ、オリジナルに近い回路に辿り着いた格好だが、唯一違うのはオリジナルのスイッチング素子、MOSFET-Pチャネルではなく、同じMOSFETだがNチャネルに替えてある事。

photo

(⇧回路図上でマウス右クリックから、「画像だけを表示」を選ぶと、拡大されます。)
PチャネルではなくNチャネルにすると、グラウンドを共通にして、オシロスコープで波形などの観測がしやすくなる事や、Nチャネルのほうが種類が多く、高スペックながら安価な事など、いい事が多い。

PIC側のドライブ出力波形がこれ。(あとでアップします)
一見、0V−5Vの方形波に見えるが、時間軸を広げて(短時間で)見ると、方形波ではなく正弦波に近い高周波成分が多く含まれている。これがサルフェーション除去に効く。これをリンギングというらしい。

MOSFEETをオンにするデューティはVR2で可変可能で、1%~12%あたりまで変えられる。PICのPWMをつかっており、ダイナミックにデューティを変えられる。デューティを上げると、ピーク電圧が上がり(電流も)、かつ消費電流も上昇するので、良い塩梅のところに設定するのがいい。

ちなみにパルス周波数は16kHzにした。とくにこれといった理由はないw クロックにPIC内部16MHzを使ったからともいえる。

消費電流は負荷によらず、20~100mAくらい。これはデューティー比による。60mAくらいが高圧もほどほど、MOSFETの発熱もそこそこで、目安になると思う。100mAも流すと、FETには素手では触れないほどだ。

VR1は、バッテリー電圧が何V以上だったら高圧パルスを出力するかを決定する。バッテリー端子間電圧は通常12.5V前後、エンジンが回っていれば13V以上になるので、13V前後を超えたらONするように設定するのがいいと思うが、この1kΩのVRによる設定はクリチカルだ。プログラム中、ON/OFFのスレッショルド電圧をON/OFFごとに変えれば多少改善されるかもだが……めんどくさい。あるいはVRのバックスラッシュかも。

このVR1については、実際のところ、この回路を車に積んで、テスターでON・OFF電圧を図りながら設定すべき。なんなら、良い塩梅に設定後、ホットメルトでこのVRを固めたほうがいいかも。

PIC動作確認用のLEDはGP3(PIC10F332ではA3ポート)の信号でドライブされるが、本来このGP3ポートは入力専用としか動かないが、入力専用でも、入力用弱プルアップの入切がプログラムで切り替え可能なので、それを使ってLEDを擬似的に駆動する。

このLEDとは電源ON(5V供給)で光るわけではなく、PIC内部のファームで光るので、きちんとPICが動いている事を確認する事ができる。GP1のFET駆動用ポートに、PWMパルスが出力されている事をオシロスコープなしに確認できる。

回路図にも書いたが、普通はLEDの電流制限用抵抗として、LEDとシリーズにTrコレクタ間に数百Ω~数kΩ入れるが、コレクタ電流はベース電流のhFE倍しか流れない(つまり簡単な定電流)である事を利用して、LED電流制限抵抗を省略した。

なお、PICの出力回路を見ればわかるが、上側Pチャネル、下側NチャネルFETによるトーテムポール出力になっており、ポート出力がLの場合、PIC内部で確実にグラウンドに接続されるので、スイッチング用FETのゲート・GND間に入れてゲートをプルダウン(OFFに)する数kΩ~数十kΩの抵抗は入れてない。入れてもいいだろうが無駄だと思う。PICの出力電流の総計は、±合計で20mA超あるので、十分だろう。

MOSFET+ファストリカバリーダイオードによる高圧出力波形がこれ。(あとでアップ)
高圧パルスの瞬間値は、無負荷時に50Vくらい(デューティー10%時)。+側高圧に比べて、それほど小さくないアンダーシュートも見えるが、無視している。

この高圧バルスの電圧のおよそは高圧発生用コイルのリアクタンスで決まるが、20uHくらいまでに小さくすると、300V~400Vが得られた。高圧が効くとは言えないが、実験してみるのいいだろう。

とは言ってもこの電圧は数uSecレベルの瞬間値であり、かつ信号源インピーダンスはものすごく高く、接続機器に影響を与えるような力はなく、それほど恐れる事はないと思われるが、まして高圧自身がデサルフェーションに効くわけではない事に注意しよう。むしろ、高圧パルス・ピークのあとに続く高周波成分(正弦波)、リンギングがサルフェーション除去に効くらしいのだ。

というわけで、高圧発生用コイルのインダクタンスは100uHにした。これでパルス・ピーク(無負荷)50Vくらいが得られる。

もう少しピーク電圧を高くしたいなら、50~70uHくらいでもいいかもしれない。パルス・ピークが100Vくらいになるだろう。負荷接続時、端子間電圧は測定器の内部抵抗にもよるが、ピークで20数Vが観測できると思う。

信号源にとっては重負荷といえる車載バッテリーを負荷としてつないだときの、バッテリー端子間の波形がこれ。
高圧パルス信号源のインピーダンスがかなり高いし、バッテリーの内部抵抗は限りなく低い(劣化が小さい場合)ので、こんなふうにパルスが見えるわけがないと思っていたが、きちんと12Vに上乗せされたパルス(+8~9Vくらい)として見える。つまり、高周波(16kHzだが)は直流とは違うという事。

高負荷かけてもパルスピークのあとに続くリンギングもかろうじて見えるので、バッテリー内部の電極にできて充放電を邪魔しているサルフェーション膜に共振して、16kHzのサイクルでこのにっくき膜を剥がしているだろう事が想像される。

まだ最終回路で実験を始めて1週間ほどだが、空バッテリー(端子間電圧11V強)への充電時開始時、端子間電圧の上がり具合いがゆっくりになってきた。充電開始後数十分間は、数アンペア流れているのが続くようになってきた。うれぴーであるw

劣化したバッテリーは充電しても、すぐに端子間電圧が上昇して電流が流れない=端子間電圧の上がり方が速い。つまり充電ができていないわけだが、逆にこの場合の電圧の上がり方がゆっくりになってきたのはなにかというと、つまり充電電流がきちんと流れ、バッテリーの電力の吸い込みが良くなっている事。別の言い方をすれば、バッテリーの内部抵抗が減少している(つまり復活した)と言う事ができる。

おそらく鉛バッテリーだけでなく、密閉型メンテナンスフリー鉛でも同じだと思うが、実験はしてない。

いまのところ、pic10F322のプログラム(Cで書いてる)公開の予定はないが(恥ずかしいので)、ご要望があれば、HEXファイルくらいは公開するかも。


[2016/11/11 22:28] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
トランプ勝利はムサシのプロトタイプ米偽得票計算マシンがダウンしたから
Walk in the Spiritさんから


先ほど、Makow氏の、

Trump Victory Saves US from Disintegration
(November 8, 2016) を拝見して、

えっ!ホンマかいな、と驚いてしまった、

ザックバランに言うと、
トランプの勝因は投票所職員のクーデターによるのだと、

これまで選挙に無関心な一般の人は、
投票日でも、投票に行かない、

その最大の理由が、(G.ソロスが提供する、)
電子投票マシンに操作があることを知っていたから、

で、今回ドーなったか、

コロラドのある方(65才)の証によれば、
本人も(いかさまを知り)当日投票する気はなかった、

しかし、コロラド全州で、
いきなり電子投票マシンがダウンしたことをネットで知り、
ネットの呼びかけに応じ、5km先の投票所に歩いて行った、

そこでは、臨時のペーパー式の用紙が渡され、
トランプに投票、

そして、似たような対応が、
かなり広い州で起こされた気配があるのだと、

The update was how people that work for the government in the trenches running the voting places and monitoring the voting machines were able to catch the electronic hacking or changing of Republican votes to Democrat votes and restore the vote back to the original intention of the voter.

別の州では、現場に、電子式の投票結果を、
モニターする仕組みをとり入れて、
共和党票が民主党票に自動的に切り替わらないようにもした


まあ、得票計算マシンがおおっぴらに操作されだしたのは、バカ小ブッシュ(共和党)のあたりからだから、なんだかなあだが、こんなとこでしょ。


[2016/11/11 19:22] | in_Mad | トラックバック(0) | コメント(0) |
「二つの新世界秩序」って・・・
カレイドスコープ・ブログ


全部読んだが、一言で言ってしっくりこない。

俺の読解力がないだけかもしれないが、途切れそうで切れない、時折、糸が見えなくなるような、そんなタコの糸のような論理なのである。

世界支配層(おそらく欧州在)に、米ペンタゴンは対抗しており、中東での紛争を巻き込み、斬り合いをしている、と。

そこには、ドル=石油を巡る基軸通貨という視点が皆無であり、まったく理解ができない。

ドル覇権の本質というのは、世界中の国が、オイルの売買を行う際にいったんは自国通貨をドルに換金してからでないとオイルを手にできないという、本来必要のない、一方的な強制命令に甘んじざるを得ない事にあるのであり、そこにまったく切り込んでいない当該ブログに違和感を感じる。

現世界の経済活動が、石油と一体化したドルを中心にして回っている事は自明であり、それは1971年以降、米国自身が一方的に決めた事であり、いま、米国にとってそのドル石油体制が枷になっていて、やめたいのだと思う。

現状、バカの粋を極めたような世界だが、そんぐらいの理屈なしに二つのNWOと言われてもなーー。ww

なんか逝ってるんじゃないの?ww

しかし、この「ロスアンジェルスタイムス」の記事、「CIA傭兵と戦うペンタゴン民兵」を、本当に米国の人たちは読んでいるのだろうか? もちろん頭の芯から腐っている安倍は知らないだろう。


[2016/11/09 21:48] | in_Mad | トラックバック(0) | コメント(0) |
【祝】トランプ勝利濃厚
朝からずうっとCNNを見てるが、トランプ憎しの糞IT業界マン&隠れグローバリストどもが、泣き言を言い出した。

そいつらのコメントの端はしに、トランプ勝利前提のもしも話が増えてきた。

接戦の州、残り数州だが、予想をくつがえして、選挙が面白くなった事に感謝したい。

ちなみに、白髪鬼ババア・栗きんとん勝利の州が、銀行屋やIT業界の、リーマンショック誤魔化し政権による政策によって恩恵を受けている州だけなのが笑えるw

《日経平均、下げ幅一時1000円超》

photo

「トランプショック」だという。バカとしかいいようがない。まえから米国内では、トランプ大優勢は皆が知っていたが、糞ったれメディアが嘘をつきまくって伝えてこなかっただけだ。

その自分の浅はかさを棚の上にあげて、何が予想外、ショックだよ。笑わせるなw

http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/blog-entry-613.html

http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/blog-entry-610.html


そのいっぽうで、もしトランプが大統領という事になったら、糞オバマによるホワイトハウス占拠&非常事態宣言&クーデターが心配である。

---------------------------------------------------------

白髪ババアがトランプに電話して、トランプ勝利と自分の敗北を認めたとCNN、16:40。


[2016/11/09 16:41] | in_Mad | トラックバック(0) | コメント(0) |
トランプ、フロリダでリード
アラバマ、バージニア、オハイオでトランプが勝ちそう。

フロリダでも接戦ながら、トランプがリード。これは大きい。

一方、ゴールド、シルバーには動きがない。もしトランプ勝利なら、爆上げするだろうが。

消息筋のはなしだと、選挙前の米国世論はヒラリー1、トランプ25の、25倍の圧倒的差をつけてトランプが有利だったという。

結局、選挙は不正選挙でここまで接戦になっている。


[2016/11/09 11:05] | in_Mad | トラックバック(0) | コメント(0) |
南アフリカ造幣局、いまさら1オンス・シルバー鋳造
https://srsroccoreport.com/global-interest-in-silver-investment-expands-as-south-africa-adds-new-silver-krugerrand/

クルーガー金貨で有名な南ア、これまで銀貨は発行していなかったが、なぜかここにきて2017年に1オンス・シルバー銀貨を50万枚、発行するという。

はああぁぁぁぁ?

意味不明だが、なんかがあるんだろう。


[2016/11/07 19:34] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
トランプ「ヒラリーがISISの創設者」
http://beforeitsnews.com/alternative/2016/11/its-over-hillarys-isis-email-just-leaked-its-worse-than-anyone-could-have-imagined-3433129.html


ヒラリーかCIAかNSAかしらないが、米国株式会社がISISを組織したのは間違いないところ。

8日に選挙がせまっている。

何か起こるとしたら、今日明日だろう。


[2016/11/06 06:52] | in_Mad | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |次のページ>>
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD