デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
国家による統治からグローバル企業による支配へ向かう世界
2008年リーマン・ショックを受けて策定の始まったバーゼルⅢの完全発効期限が、2019年に迫っている。一部は2013年から段階的に実施されており、邦銀もその囲いから逃れる事はできない。

バーゼル合意は、中銀の中の中銀であるBISによる西側銀行の自己規制基準であり、国際的に活動する銀行の自己資本比率や流動性比率などが規定される。

どんな資産を持とうが、本来、自由経済であればそれぞれの銀行の勝手なはずだが、現実はそう甘くはない。BIS配下の銀行が、マフィアの大親分らが決めたルールから逸脱する事はできない。

それまでリスク資産には計上する必要のなかった、安全資産の代名詞であった国債が、バーゼルⅢのもとでは手のひらを返したかのようにリスク資産に変わり、銀行はレギュレーション上の自己資本比率や流動性を維持確保するために、国債を売却せざるをえない。

国家が発行する紙証文(国債)が金融商品として不的確の烙印を押され、民間銀行は国債を売り払うほかなくなるが、しかし誰がその国債を買うのだろう?

そんな状況のなか、もうだいぶ以前から日本の民間金融機関は国債の買い手どころか売り手に回っており、ただ一人、日銀が買い支えて資産(超不良債権)をふくらませているが、これは1私企業ながら中央銀行(これこそが狂気=誤魔化しの大本)という日銀が、国家を乗っ取る最終段階にある事を意味していると思う。

だから、国債が暴落してマーケット全体も壊滅するというシナリオよりも、国家が自身で返せるあてのない、自分が振り出した借金証文によって自爆するという事。おそらく、表面上、目を覆うようなハードランディングはない。しかし、そのほうが実は大問題だと思う。

これは小学生の寸劇よりも酷い、自分で自分を破産させてしまう、ソフトタッチの、ヤラセ自己破産詐欺だ。

水面下では、国家が借金によって、1私企業に乗っ取られるという事態が進行しており、これはTPPの趣旨とも合致していて、国家の役割は徐々に後退し最後には消滅(ひと握りの企業による共産化=NWOの目的地)するが、それとは逆に国債引き受け手の1私企業が国家を超えた支配者として浮上してくる、というそういうわけだろう。

いうまでもないが、中央銀行の本当の株主らは表面上は隠されており、しかし、その実体を追っていけば単純ないくつかの名前に収斂する。

スポンサーサイト
[2016/08/31 19:28] | Bankruptcy | トラックバック(0) | コメント(0) |
ノルウェー中銀も金鉱株買いまくりあげ
”the Norwegian Central Bank owned nearly $1 Billion in gold and silver mining shares”


ノルウェー中銀の資産は一般に公開されてこなかったようだが、なぜか公開されたらしい(SECによるレギュレーションで)。米国の金鉱株へ1000億円(1$100円)がつっこまれていると。2015年6月のデータで、いまもホールド中かわからんが、中銀がいったん買ったら売るとも思えないので(倒産されたら困るので)、おそらくいまも変わってないだろう。


[2016/08/29 09:13] | silver | トラックバック(0) | コメント(1) |
ビットコインの正体(1)
photo

貴金属アナリストのデビッド・スミスは、ビットコインについて


①Whereas Bitcoins can vanish, Gold cannot.
(ビットコインは消えるが、ゴールドはそうではない)

②Bitcoin has so far proven itself to be nothing more than a two-bit interloper.
(ビットコインは、デジタルな、とてつもない「でしゃばり」以外の何者でもない)

と言っている。
この二つの指摘は、100%正しい。

①の前者は、暗号化されようが、なにしようが、デジタルデータは消えるときは消えるという本質をついており、すでにわれわれはその事を2回経験している。
 必要があれば、「盗まれる事」もできる。
 そもそも平常時ならいざ知らず、これから予測されるのは金玉氏も好きな、ヒャッハー&マッドマックスな世界であり、混沌の時代であり、インターネットそのものさえが消えるか切られるかもしれないのに、何がデジタル通貨だと言いたい。頭が狂ってるのでは?

②「interloper」は、邪魔者、干渉する人、おせっかい、でしゃばりといった意味のようだが、まさにビットコインにぴったりな表現だ。金と銀を使えばいいものを、わざわざ海のものとも山のものとも知れぬデジタル暗号通貨をもってくるあたりは、導入者らがわかってやっているというべきだ。
 筆者のデビット・スミス氏にも、俺と同じように感じてるのを、この「interloper」という語をあてている事ではっきりわかる。あるいはもっと適切な、汚い表現も考えただろうが、アナリストとしては下品になりきれなかったのかもしれない。

ちなみに、Mt. Goxで消えたビットコインのほとんどはいまだ行方しれずで、オーナーの手元には戻っていない。

[2016/08/28 16:30] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
「黒田」という単語はキチガイの代名詞
photo

あまりに受けたので貼っておこう。

日銀砲に終わりなしの様相を呈してきたな。

[2016/08/26 07:20] | Bankruptcy | トラックバック(0) | コメント(0) |
金融マフィアが価格高騰を抑えたい銘柄ランキング(2)
photo

(↑BitCoinのイメージに金貨を使っているという事は、ペーパー金貨=官製ペーパーであるという事)


原油>シルバー>ゴールド>他金属>>>>…>>>BitCoin


というか、エスタブリシュメントらが上がって欲しいと思っているランキングは

BitCoin>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>他銘柄

である。

BitCoinの価格が上がれば、本来、金銀へ向かうはずの、このインチキをやめさせたいと思っている人たちのパワーを、奪い取れるの目算だろう。

金銀現物へ固執する事こそが、金融マフィアを退治する近道だと知ってる連中であっても、やはり人間だ。目の前のキャッシュ・フローのポテンシャルには、眼の色変える事もあるだろう。

311原発事故が、日本における真贋を見極めるための出来事だったとすれば、BitCoinに対する態度もまた、真贋見極めのためのビューポイントといえる。ま、わかったうえで参戦するのは個人の自由だが。

どこかの金玉氏曰く、「BitCoinが世界を救う」とか田分けた事をなんどもなんどもくどいように言ってるので、あえて書いておく。

[2016/08/25 23:20] | silver | トラックバック(0) | コメント(0) |
愛宕百韻(8)