デコの残日録
人間は死ぬために生きている訳だから、日記は残日録とも言える。311原発事故でその思いは益々深くなったが、この国の行く末を見届けるには、何とか生き残らないといけない。そのための愚考過程をメモ。
トランプ登場に、ポカーン状態の日本人

マスゴミ連中を始めとして、政治家、産業界、ほか全体が、トランプという人が何を考えているかわからない、まるで狂人だという評価で一致しているようだ。というか、そう言って見せないと、自分らの首が危ういという事だろう。

笑える。これほど、どこが、誰が敵の本丸かを見事に語っている大統領、首相レベルの人はいない。

とくにマスゴミの慌てようといったらない。

自分達のクビがつながる事だけを念じて仕事(自分達の立場を守るためデマを撒き散らかす事)をしている。


トランプの登場に戸惑っている、困惑している、困っている連中が既得権益者かつ、これまでの日本の嘘、欺瞞、収奪構造の擁護者、かつ日本国民の敵だ。その筆頭に上がるべきは、おそらく官僚だろう。その遥か下方に、マスゴミ連中が蜘蛛の糸にむらがるようにして、しがみついているという構造。



[2017/02/03 22:31] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
半島よりも東シナかな?

東アジア訪問中の米国務長官動静を伝えるニュース画像が映し出される中、NHKの速報フラッシュが流れた。

米長官、対日防衛義務を確認=安倍首相「揺るがぬ同盟示す」


要は、「尖閣への中国進駐あったら米国は日本を助けます、見捨てません」と。


つまり、トランプの、例外あれどむちゃくちゃ正論に、びびってしっこちびった安倍クソの、国民切り捨て嗜好満載&敵への譲歩指数120%の、日本国民の血と涙の結晶である公的年金を米国への朝献に使うという、いつもながらの奴隷根性丸出し作戦が功を奏した格好でしょうな。

強い相手には徹底して下手に出る(殺されないように)、鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギスを真似た家康きどりの、死んだふりして裏で舌を出しすのが上手な安倍晋三クソの、この三文劇場的芝居を斜に構えて見てるネット有名人に、安倍クソは頑張っている、彼はよく戦っている、と始終言うマゾ趣味な、日本国民にとっての敵本丸に対して塩を贈るがごときボケ老人が多いのに驚く。

その傾向は、ボケはボケでも、放射能の影響を軽く見る人達に多い。これは決定的だろう。

誰とは書かない、書かないが、おそらくこの年寄り共は、放射能に脳をやられている。左翼をマゾだ中共の手先だと批判する割には、いま自分が徹底的なマゾ嗜好なのに気づいていない。

首相がいったい誰と戦っているというのだ? あいつの一番の敵は、日本国民だぜ。

それを見てみぬふりをして三文芝居を眺めているから、何か頑張ってるなどというヨタ話を始めるのだと思うよ。


中国尖閣侵攻話は、ウォール街の飼い犬オバマが引退したというのに、いまだ水面下で蠢動するジャパンハンドラーと中国の結託した揺さぶりなのかもね。


(追記)
米大統領が自分の飼い犬と戯れる映像がよく流れるが、あれは計算づくだ。こいつは、(エシュタブリメントらにとっての)ペットです、というお披露目。トランプはどうかな?


[2017/02/03 20:39] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
史上最強のシンガー、カレン

もっと長生きしてほしかったなー




[2016/08/01 21:36] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
史上最強のシンガー、カレン

もっと長生きしてほしかったなー




[2016/08/01 21:35] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
そういえば、月曜日に雨が降った



[2016/08/01 20:26] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『真田丸』を見て、『黄金の日日』を見る
真田丸に、かつて呂宋助左衛門役を演じた松本幸四郎が登場して、昔見た黄金の日日がまた見たくなってようつべで検索したら、全部見れますたww

いうまでもないけど、両ドラマの時代背景はシンクロしている。

黄金の日日を見たのはずいぶん昔なので、記憶にない場面があったり、ストーリーが記憶と違っていたりして、それが逆におもしろくて一気に見てしまった。

助左衛門の朋輩、善住坊が鋸挽きになる場面がもっとも鮮明に記憶に残っていたが、その場面の絵さえ記憶と違っていたのには、驚いた。

それともうひとつ驚いたのは、真田左衛門佐(幸村)が最初は人質だったが、次第に秀吉の信認を得、関白直臣の馬廻りとして1万9千石もの所領をもつ大名になっていた事。

幸村(信繁)の所領があったのが畿内ではなく、真田本領である信濃・上田周辺にあったとみられ、その管理は父・昌幸家臣どもが執り行っていたという。幸村兄、信之の当時の所領は上野・沼田(2万石前後)であったので、同程度の上がりがあったと見られる。

それと、幸村の1万9千石といえば、北近江・佐和山、石田治部少輔のそれの、ちょうど1/10であるところも面白い。



黄金の日日ストーリーの裏モチーフ、朝鮮出兵・半島蹂躙への懺悔強要、キリスト教宣教師(とくにイエズス会)たちの日本布教における不屈精神のアピール、それらが極度に誇張されている気がして、なるほどなあぁと思ったのだった。

その裏のモチーフと対をなす表のモチーフの一つ、今井宗久の娘かつ実子宗薫の妻・美緒が情熱を燃やした、日本から海外へ売り飛ばされた日本人奪還への情熱描写とが、どうにも統一感を欠いた。

九州のキリシタン大名、大村純忠、大友義鎮(そうりん)らは、イエズス会士らが日本へ持ち込んだ西欧の産物、技術や知識、ひいては富を得るのと交換に、自ら受洗しつつ日本人数十万人を海外へ売り飛ばしていた大罪人である事は、いまの日本人にはほとんど知られていない。

売り飛ばされた日本人の多くは若い婦女子で、中には遠くアフリカ・モザンビークにまで連れていかれた者もいたという。マスゴミ連中は、信長の黒人小姓、弥助の生涯を追ってる場合かと言いたいね。

余談だが、その大村、大友らの大罪が、信長へとつながるはずだった。が、本能寺でいったんは途切れた。

城山三郎原作の『黄金の日日』が、さまざまな矛盾を孕みつつあった近世日本をせいいっぱい正確に描こうとしていたかは、かなりあやしい。

[2016/07/31 22:44] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
千代の富士、逝く
61歳、がんで。放射能です。
まあ、わからんバカには、死んでもなんで死んだかはわからんだろうなあ。

[2016/07/31 22:41] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
千利休は実はクリスチャンで名前も聖ルカから取った。茶人でありながら秀吉に切腹を命じられたのも信仰を棄てなかったからだと言うのは本当ですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413285504

安土桃山の堺に生まれ育ち、堺で人生の多くを過ごした宗易にとって、キリシタンがごく身近なものであり、なんら違和感のない当たり前のものだった。むしろ、信者かどうか抜きで、キリシタンに親近感を持っていたと考えるべきである。宗易が仏教に帰依してたからとか、なんの論拠にもならない。

この質問への答えで、利休がキリシタンだったら、切腹するはずがないという輩の鼻息が荒いが、利休が切腹したところをあんたは見たのかと言いたいね。

腹切れと無理難題言う秀吉にそれはできないといえば、じゃあ斬首という事になるわけで、名目上、切腹という名の斬首、梟首だった可能性が高い。死のあと、首が一条河原(戻橋)に晒されているのも、斬首だった匂いがぷんぷんである。

晒されたのが、三条川原でないのは、さしもの秀吉もためらったのだろう。

関白秀次の死も同様である。自刃でなく、斬首だ。

どうしてこう、日本人は想像力がないのだろう。教科書に書かれている通説を鵜呑みにする。悲しいね。

ただし、宗易賜死の肝心の理由は、キリスト教問題なのか、堺・博多を巡る利権問題かなど有力な諸説があり、不明のまま。
なお従来の通説、木像説などは秀吉側のでっちあげにすぎず考慮に値せず。

[2016/07/28 23:30] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
すべてを捨てて旅に出てみないか



カラオケ版






[2016/07/26 22:57] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
この国には税金払う価値なし



放射能もそうだが、国民の安全などまったく考えちゃいない。終わってる。

[2016/07/26 20:06] | 備蓄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

デコ

Author:デコ

Silver stackers by buying physical silver can end the silver manipulation and stop the criminal banksters. (Words belong to BJF. mni TKS! )


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Silver Price

ドル・インデックス

Gold Price

GSレシオ1年

WTI

為替

ビットコインUSD